体験談 退職

看護師の退職理由は何が最適?強い引き止めに遭わないための手段!

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「看護師の退職理由は何が最適?強い引き止めに遭わないための手段!」についてお話したいと思います。

 

退職の意を上司に伝えに行くのって、何回経験しても慣れるものではないですね。

タイミングを見計らって、勇気を振り絞り伝えに行く。

やっとの思いで伝えに行ったのに、執拗な強い引き止めに遭ってしまい、泣く泣く退職を断念した人を、私は何人も見てきました。

とくにベテラン看護師ともなると、その引き止めはかなりなものかもしれませんね。

そんななか私はというと、今までに4回退職を経験していますが、一度も執拗な引き止めには遭っていません。

それはなぜだったんでしょうか?

「役立たずだったから」という声は聞こえないふりをして(笑)、今回は看護師が退職時に強い引き止めに遭わないための退職理由についてお伝えしたいと思います。

【看護師の退職理由は何が最適?】

上司があなたを引き止めてくるのは、完全に病院側の都合です。

新しい看護師を募集するのはお金がかかりますし、育てるまでに時間もかかって面倒。

単純に、人手不足になってしまうなど。

もちろん、多少は申し訳ない気持ちもなくはないですが、退職すると決めた以上は、毅然とした態度で臨みましょう。

以下に、引き止めにあわないために必要なことを挙げてみましたよ。

<退職理由は多少の嘘やアレンジも大事>

退職する理由を、例えば正直に「人間関係が辛くなった」とか「体調不良」などにしてしまうと、たいていの上司は引き止めてきます。

なぜならそれは、退職までしなくても良い理由だからです。

「話なら聞くよ」「他の科に異動してみる?」「外来はどう?体力的にはいいと思うよ」などと、巧みに話を持ち掛けて来るかと思われます。

そうなったときに、毅然とした態度で「もう決めたことなので」と言えれば問題ないのですが、たいていの人は上司に迫られると萎縮してしまい、「はい・・じゃあ、異動願いを・・・」なんてことになってしまいます。

私に知り合いにも、まさに同じことになった人がいまして、結局は異動した先でズルズルと働き続けておりました。

上司から強い引き止めに遭わないための退職理由としては、

・物理的に仕事を続けるのが困難な場合

・家族の問題

が挙げられます。

物理的な場合というのは、例えば「引っ越すことになった」などのように、通勤するのが難しくなったときですね。

これはもう、さすがの上司でも引き止めることはできません。

しかし気を付けて頂きたいのが、引っ越す予定もないのに嘘をついてしまうと、世間は狭いのでいつかはバレる恐れもあります。

安易に考えた「退職理由」ではリスクを伴いますので、よくよく考えましょう。

 

次に家族の問題ですが、これは例えば「親の介護」や「子供の問題」などが挙げられます。

人の家庭にまで口を挟むわけにはいきませんから、上司も退職を受理するしかないわけですね。

私が4回退職する際は、いずれも家族や家庭の事情を理由にしました。

同じく家族を退職の理由にした知り合いは、誰一人として引き止められませんでしたよ。

厚生労働省の看護職員就業状況等実態調査結果によると、看護師の退職理由は、「結婚・出産・育児」が約40%を占めるそうです。

本当は、「人間関係の悪さ」や「仕事環境の劣悪さ」「給料の問題」などが多いのでしょうが、本当のことは言えませんからね。

私も過去に、体調不良&看護師長の性格の悪さがどうしても耐え切れなくなり、退職を決意したことがあったのですが、口が裂けても本当のことは言えませんでしたから、「結婚することになり、引っ越しをするため」と言って退職を申し出ましたよ。

 

【退職時、上司から強い引き止めに遭わないためには?】

退職を伝えるときは毅然とした態度が重要

上司に退職の意を伝えるのって、ほんとに勇気がいりますよね。

できることなら、誰かに代わってもらいたいくらい^^;

ですが、ドキドキしているからと言って、オドオドした態度を取るのはNGです。

上司は、引き止めやすい人とそうでない人を、その場で瞬時に判断しています。

ですので、オドオドしすぎているとつけ込まれ、強引に引き止められてしまいますから、しっかりと上司の目を見て、穏やかながらも毅然とした態度を取ることが重要です。

もし何か言われた時の必勝台詞は、「家族とも話し合って決めたことなんで」です。

自分だけで決めたことではなく、家族みんなで決めたことなんだと分かったら、上司も尻込みして受理してくれるでしょう。

上司が出してくる曖昧な条件には絶対に乗らない

「新しい看護師が入るまでの間だけでいいから残ってくれない?」

この言葉は大変危険です。

・具体的な期間が分からない

・本当に新しい看護師は入ってくるのか?

・入ってきたら即辞められるという保証はあるのか?

どれも曖昧で、自分がいつ辞められるのか分からないため、今後の予定を立てることもできず、転職活動にも支障が生じてきます。

私は、一度も引き止められたことがないと言いましたが、3回目の退職時では辞めるスタッフが重なっていたため、「病棟が落ち着くまででいいから、退職を延ばしてほしい」と言われたことがありました。

ですが私は、落ち着くまでって一体いつ?具体的に数字で提示してもらわないと返事ができないと思い、「いつまで延ばせばいいのか、具体的に教えてください。あまりにも長い期間は厳しいです」と伝えました。

すると上司は「2週間」と提示してきたので、「2週間ですね?2週間程度でしたら延ばしても大丈夫です。」と返事をし、丸く収まりましたよ。

ケンカになってもいけませんしね、その辺は上手くやった方がいいと思います。

とにかく、曖昧な条件には決してOKしてはいけません。

ズルズルと働くことになりかねませんので。

具体的に数字で示してもらい、受け入れることができそうならOKしてもいいと思いますが、「具体的には何とも言えない」などと言ってくるようなら、即刻断りましょう。

 

 

【おわりに】

退職する際は、できることなら円満に終わらせたいですし、今後の計画もあるから希望した時期に辞めたいですよね。

引き止められてしまうと、計画はもちろんのこと自分の調子も狂ってしまい、ストレスが半端なく大きくなります。

怒りにも似た絶望感!?

そんな気持ちを味わうことがないように、事前に退職理由や時期を綿密に計画し、実行に臨んでください。

間違っても、ケンカだけはしないようにしてくださいね^^;

案外噂って広がりますからね、円満に辞めるに越したことはないです。

あなたが強引な引き止めにあわずに、スムーズに退職できることを心から祈っております。

 

応援していただけたら嬉しいですm(__)m

人気ブログランキング

 

⇒看護師の退職時期はいつがベスト?申し出時期を間違えた私の失敗談!

⇒看護師転職の面接で聞かれる事って何?実際に聞かれた内容を教えます

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-体験談, 退職

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.