お金関係

看護留学の費用で安いのは?国ごとに詳しくご紹介します!!

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「 看護留学の費用で安いのは?国ごとに詳しくご紹介します!!」というテーマについてお話させていただきます。

 

海外で国際看護師として働くために、準備段階として「看護留学」を選択するという道があります。

とはいっても、看護留学の種類によっては、海外の正看護師資格を取得するのが目的のプランもありますので、自分の希望に合った看護留学を見つけることが重要になってきます。

 

また、一番と言ってもいいくらい気になるのは、やはり費用の面なのではないでしょうか。

国によって留学費用に差があるのかどうかも気になるところですよね。

そこで今回は、看護留学の種類と、国別にかかる費用についてお話したいと思います。

 

【看護留学の種類や目的】

インターンシップ

インターンシップとは、日本で取得した正看護師の資格と経験を活かして、海外の医療現場や施設で働くことができるプランです。

これも国によってさまざまなんですが、看護留学の行き先として人気の高いオーストラリアでは、特別な看護制度として「アシスタントナーシング」が設けられています。

これは、いわゆる看護助手として医療現場に従事することができるといった制度で、短期の看護留学でも可能なことから人気が高まっていますが、英語レベルが基準に達していないと働くことはできません。

しかし、実際の医療現場や施設を見る機会はめったにないので、今後のビジョンにもおおいに役立つことでしょう。

医療英語の習得

医療の専門用語を学ぶコースを受講すれば、日常会話はもちろんのこと、病名や医療器具の専門用語をみっちり学びます。

英語の語学力は、国際看護師を目指すにあたって必須となってきますが、それに加えて医療の専門用語も覚える必要があるため、かなりのレベルが要されます。

インターンシップと並行して受講すれば、覚えるスピードもアップしそうですよね。

海外の正看護師資格を取得するため大学に通う

日本の正看護師免許は、日本でしか使えません。

こちらの記事に詳しく書きましたので、良かったら参考になさってみてください。

⇒日本の看護師免許を使って海外でも働けるのか?

 

看護大学を卒業しており、「学位」があれば語学試験や書類提出のみで良いという国もありますが、多くは海外の看護大学に入学または編入をし、その国の正看護師資格取得のための試験に合格する必要があります。

また、国によって条件や特徴は本当にさまざまですので、事前に情報収集をしっかりと行い、自分の将来を見据えて留学先を選びましょう。

 

【看護留学の費用はどれくらいか?】

看護留学では、実際いくらくらい費用がかかるのでしょうか。

以下に代表的な国の留学費用を載せましたので、参考になさってみてください。

スポンサードリンク

アメリカ

3か月:70万~120万円

半年:120万~200万円

1年:250万~500万円

オーストラリア

3か月:50万~100万円

半年:100万~170万円

1年:200万~300万円

カナダ

3か月:50万~110万円

半年:120万~150万円

1年:160万~300万円

イギリス

3か月:50万~100万円

半年:100万~180万円

1年:200万円~400万円

ニュージーランド

3か月:40万~80万円

半年:100万~150万円

1年:200万~300万円

 

このようになっております。

こうやって見てみますと、比較的安いのはカナダやニュージーランドでしょうか。

しかし、同じ国でも留学する都市によって物価等が違ってくるでしょうし、大学に通うのか、又は医療英語の習得が目的なのかによっても、金額に差が出てくるといえますので、その国の事前リサーチが重要だといえます。

⇒看護留学でよく聞くIELTSとOETって何?特徴や違いをご紹介。

 

 

【おわりに】

いかがでしたか?

やはり看護留学は費用がかさみますね。

しかし、行き先や自分のプランをしっかりと決め、その目標に向かっていける強い意志があれば、費用の問題も乗り越えられるかもしれません。

将来、看護留学をしたいと思っている看護師さんは、今のうちからハイスピードで貯金を貯めて、夢を実現させてくださいね。

また、職場によっては看護留学に厚意的なところもありますから、まずはそのような職場に転職をして、コツコツと留学費用を貯めるのも手だと思います。

そんな職場に出会えたら、夢もまた近づきそうですね。

あなたの夢を陰ながら応援しております。

 

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-お金関係

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.