看護留学

ニュージーランドで看護留学する場合の費用は?内容別に紹介!

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「ニュージーランドで看護留学する場合の費用は?内容別に紹介!」というテーマについてお話させていただきます。

 

看護留学を考えている看護師さんはわりと多いのではないでしょうか。

ニュージーランドは自然豊かで温暖な気候であり、治安も良いことから留学先として人気があるんですよ。

また、日本と3時間ほどしか時差がないので、家族や友達との連絡も取りやすい点も人気の理由のようですね。

そこで今回は、ニュージーランドに看護留学した場合の、留学費用や内容についてお話したいと思います。

看護留学にニュージーランドを選ぶメリットとは?

留学費用が抑えられる

アメリカやイギリスに留学となりますと、金額面でかなり高くつく場合がありますが、それに比べるとニュージーランドの留学は全体的な費用が比較的安く抑えられます。

しかし、もちろんそれは留学の内容によって差は生じてきますから、一概にはいえないところもあります。

介護医療が発達している国

ニュージーランドは、最先端の医療というよりは終末期や介護医療の面で発達している、世界でも有数の国です。

そのため介護施設も多く、将来そのような施設で働きたいと考えている方にとっては、うってつけだと思われます。

日本で言う、看護師国家試験がない

ニュージーランドには、日本でいう正看護師の国家試験というものがありません。

ですので、日本で正看護師の免許があって学士を修了し、英語の試験に合格して必要な書類を提出。

その後、能力査定コースへ入学したのちに看護協会に正式登録すれば、国際看護師として働くことができます。

とはいえ英語力に関しては、かなり高いレベルが設定されているため、高度な英語力の習得が重要といえそうです。

 

スポンサードリンク

ニュージーランドに看護留学する場合の目的別費用

国ごとのおおよその留学費用については、こちらをご覧ください。

看護留学の費用で安いのは?国ごとに詳しくご紹介します!!

留学の費用に関しては、当然のことながら学ぶ内容によっても違ってきます。
語学のみを学びたいのか、国際看護師の資格まで取りたいのか、自分の目指すところを明確にしておくといいですね。

以下に、それぞれの費用を挙げてみましたので、参考になさってみてください。

語学スクールに通うための費用は?

何はともあれ、英語を習得しなければ何もできませんから、語学スクールに通い英語を習得する必要があります。

ニュージーランドは他の英語圏の国と比べると、授業料が比較的安いのが特徴です。

語学スクールの場合ですと、費用は1か月で約10万円ほどとなっています。

しかし学校によっては、入学金や教材費が別途になっている場合もありますので、しっかり下調べをして全部でいくらくらいかかるのかを計算しておくといいですね。

OET対策講座をしているスクールに通うための費用は?

将来、ニュージーランドで国際看護師として働きたいのであれば、OET対策講座をしているスクールに通うという手もあります。

「OET」とは、医療関係で必要な英語力(医療英語)を考査する試験のことをいいます。

ちなみにニュージーランドで看護師になるための条件の1つとして、OETは4教科(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)すべてにおいてB判定以上を取得する必要があります。

 

このスクールで学べば、英語力はもちろんのこと、医療や介護で必要な専門的な英語力も学ぶことができますので、国際看護師になるための近道といえるかもしれませんね。

費用は、24週間のコースで約75万~80万円となっています。

いきなり高度なOET対策講座スクールに通うのは自信がないという場合は、まずは英語の基礎コースから学ぶというプランもあります。

看護留学でよく聞く「IELTS」と「OET」については、こちらでまとめましたので、良かったら合わせてお読みください。

⇒看護留学でよく聞くIELTSとOETって何?特徴や違いをご紹介。

 

看護学部がある大学やポリテクニックに通うための費用は?

日本の看護専門学校や医療短大を卒業して正看護師の資格を取った場合、ニュージーランドの看護学部がある大学やポリテクニックに通って、学士を取得する必要があります。

※ポリテクニックとは、オースニュージーランド看護協会が認める看護学部のこと

費用は、1年間で約150万~250万円となっています。

しかしながら、看護学部の大学やポリテクニックに通うためには、英語力がIELT6.5~7.0相当必要ですので、まずは語学スクールに通って十分な英語力を習得することが先決と言えます。

 

 

おわりに

ニュージーランドは緑豊かで自然が多く、温暖な気候ということもあって、生活するにも過ごしやすい環境かもしれませんね。

日本と時差が少ないのも嬉しいことです!

うちの子供は今カナダにいますが、時差が16時間~17時間もあるので連絡するときにいつも考えてしまいます^^;

 

また、ニュージーランド人は優しくポジティブで、国籍が違う外国人に対しても温かく接してくれる人が多いんですよ。

そんな素敵な国ニュージーランドに看護留学をして、今後のビジョンを広げていけたらいいですね。

あなたの今後の未来を、心より応援しております。

 

↓↓ 応援していただけたらテンション上がります!

看護師ランキング

⇒「看護留学 オーストラリアでの目的別費用や内容についてご紹介」はコチラ

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-看護留学

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.