からだ 転職

看護師はうつ病になりやすい?仕事復帰する際に守るべき注意点とは

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「看護師はうつ病になりやすい?仕事復帰する際に守るべき注意点とは」というテーマについてお話させていただきます。

 

看護師の仕事は、うつ病を発症しやすいことをご存知でしたか?

たしかに私の知り合いの看護師も、うつ病により仕事に来られなくなり、しばらく職場に籍は置いていたものの、結局退職してしまった人がいます。

せっかく苦労して取った看護師免許。

できることなら現役を退くその日まで、元気に働きたいですよね。

そこで今回は、なぜ看護師はうつ病になりやすいのか、また、うつ病発症後に仕事復帰するときの転職活動において、守るべき注意点についてお伝えします。

【なぜ看護師はうつ病になりやすいのか】

なぜ看護師は、うつ病になりやすいといわれているんでしょうか?

それには、以下のような理由があります。

看護師は神経を使う仕事内容が多いため

もちろん分野にもよりますが、看護師の仕事というのは命に直結している仕事内容が多く、ミスが許されません。

そのため、スキルだけではなくプレッシャーに打ち勝つ精神力も必要となってきます。

そうはいっても、たいてい仕事中は常に緊張状態が続き、気を抜くことがほとんどできません。

私も急性期病棟や外科病棟にいたころは毎日神経がすり減っていましたので、昼休憩に入っても食事が喉を通らず、常にドキドキしていました。

また、あまりにも緊張状態が強く続くと、仕事が終わってからも家で仕事のことを思い出すことが多く、常に仕事に追い込まれているような、そんな状況になっていきます。

ほかにも、実際に患者さんの「死」に直面して、ショックを受ける場面もあるでしょう。

そういったことから、心がだんだん病んでいくことが考えられます。

看護師の仕事は多忙を極める

とくに常勤の看護師の場合、夜勤もやっておりますと不規則な生活になりますし、休みも取りにくいのが現状です。

さらには大きな責任ものしかかり、そうなってくるとストレスのはけ口が得られない、または発散する時間がないため、どんどんストレスが溜まって追い込まれていきます。

うつ病の場合、はじめは自分では気が付かないことが多く、気づいたときには悪化していたというケースが多いため注意が必要です。

仕事中に

・注意力が散漫になり、ボーっとすることが多い

・イライラする

・ミスが多くなる

などが目立ってきたら要注意です。

看護師の職場は人間関係が悪いことが多い

これはどの業種にも言えそうなんですが、とくに看護師の場合は気の強い人が多く、オブラートに包まないでキツイことを言い放ってくる人がけっこういます。

私は、過去にそんな看護師を何人も見てきました。

どの職場にも、たいていはいるのではないでしょうか?

とくに、バタバタしている忙しい職場ですと、お互いに気持ちの余裕がなくなり、一層殺伐とした人間関係になるような気がします。

看護師長などの上司はもちろんのこと、同僚にも気が強い人はたくさんいますから、そんな中で仕事をしていますと、だんだん心がすさんでいきますよね。

 

スポンサードリンク

【うつ病を未然に防ぐには?】

①ストレス発散の方法・場所を見つける

「ストレス発散」と一言で言っても、いろいろな方法がありますから、自分に合った解消方法を知ったうえで、行ってみるといいですね。

・誰かに相談、愚痴をいう

・適度にお酒を飲む

・買い物をして好きな物を買う

・ヒーリング音楽を聴く

・好きな物、美味しい物を食べる

 

他にもいろいろあるとは思いますが、「焚き火の炎」には心を落ち着かせる作用があることをご存知でしたか?

これにはちゃんとした理由もあるんですよ。

こちらにまとめましたので、良かったらご覧ください。

焚き火で落ち着く理由は何?動画でも効果あり!炎の不思議を体験しよう。

 

動画を見るだけでも効果があるようですから、時間が空いたときに見るといいかもしれませんね。

 

②頑張りすぎない、完璧を求めない

うつ病になりやすい人の特徴としては、真面目で頑張り屋、完璧主義の人に多いと言われています。

また、自分1人で抱え込んでしまうケースが多いため、手を抜けるところは上手く抜いて、言葉は悪いですが「適当」にやっていくことも大事です。

私の知り合いは、とてもハツラツとした人で、うつ病とはまったく無縁に思えるような人でした。

しかし今思い返してみると、人前で絶対に愚痴を言わず、いつも大げさなくらいに元気に返事をしていました。

たぶん頑張りすぎていたんでしょうね。

誰かに仕事を振ったりして、上手くラクをすれば良かったと思うんですが、ニコニコしながら仕事を抱え込むような人でしたからね。

ある日、ついにダムが決壊したかのように心のバランスが崩れ、仕事はもちろん家からも出られなくなってしまいました。

やはり、何でもかんでも頑張りすぎるのは良くありません。

⇒うつ病の特徴と見た目。知り合いの場合はこうでした。

 

【看護師がうつ病発症後に仕事復帰するときの注意点】

看護師がうつ病を発症してしまったときは、思い切って転職して職場を変え、心機一転環境を変えることも一つの手だと思います。

その際、守るべき注意点があります。

それは、「十分な休養期間を設けてから次を探す」ということです。

知り合いの看護師は数か月仕事を休職し、もう大丈夫そう!ということで、うつ病のチェックテストを再度行ったんですが、まだ復帰が無理な結果だったそうです。

自分では「もう大丈夫」だと思っても、まだ休養が必要な場合がありますので、十分に心と体を休めてから復帰されることをおすすめします。

資格さえ持っていれば、またいつでも働けますからね。

 

おわりに

うつ病は、知らず知らずのうちに病状が進行している場合がありますので、注意が必要です。

頼れる人がいるなら、おおいに頼って少しでも心を開放してあげてください。

少しゆったりとした職場に転職するのもいいですね。

その際には、十分休養してから復帰するようにしてください。

「早く次を探さなきゃ」と思うと、またそれがプレッシャーになってしまいますから、「いつかは見つかる」くらいの気持ちでいたらいいと思います。

ぼちぼちでいきましょう。

 

↓↓応援よろしくお願いしますm(__)m

看護師ランキング

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-からだ, 転職

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.