体験談

新人看護師あるある!おもしろ編から恐怖編まで実際の体験を紹介!

こんにちは、お疲れ様です。

さて今回のテーマは、「新人看護師あるある!おもしろ編から恐怖編まで実際の体験を紹介」です。

 

看護師の免許を取得したからといって、すぐに先輩たちのように仕事ができるはずもなく、肩書は看護師でも中身は「学生以上看護師未満」な新人看護師。

とはいえ、やはり看護師は看護師なんですから、もちろん仕事をこなさなくてはいけないわけで・・・。

仕事ができなさ過ぎては落ち込み、ミスをしては落ち込み。

私の看護師新人時代も、ほとほと自分に同情するくらい悲惨なものでした(;´Д`)

はじめからできる人などいない!と言い聞かせても、目の前の現実が辛すぎて、本当にあの時は何度看護師を辞めようと思ったか分かりません。

しかし40代の今となっては、あの苦い経験も良い思い出です。

そこで今回は、新人看護師のあるある体験として、自分の体験も交えながらお話ししたいと思います。

私の悲惨な体験談をお話することで、少しでも新人看護師さんの励みになれたら幸いです。

【新人看護師あるある体験談】

緊張で頭がフリーズ、もはや駆血帯の意義を忘れる。

当時、点滴や採血がとっても苦手だった私は、これから注射をしに行くという際には毎回かなり緊張しており、患者さんに挨拶をする頃には頭は完全にフリーズ状態に!

なるべく冷静を装おうと思っても、自分でも何をやっているのか分からない状況になり、挙句の果てには駆血帯を巻かずに血管を探し出す始末(;´Д`)

そりゃ、いつまでたっても血管は見つかりませんわ。

注射に慣れている患者さんですと、「ねえ、縛らんでいいの?」と聞いてきてくれるから助かったんですが、そうじゃないときには、私と患者さんとの間に異様な空気が流れていました^^;

テンパっていると、何をしでかすか分かりませんね。

居ると失敗、居ないと成功

これも注射関連なんですが、先輩が付き添いで注射に同行したときには、これまた緊張度MAXで、かなりの確率で失敗・・・orz

先輩に嫌味を言われたり同情される始末に。

しかし自分1人のときには、同じ患者さんの血管でも成功することが多かったんです。

思わず先輩を探しに行きたくなりましたからね。

「成功した私をみて!!」ってね^^;

注射に関して「成功」「失敗」と言っている時点でダメなんですが。

ドクターに怒鳴られトラウマに

脳外の患者さんのオペ後の看護が十分にできず、主治医のドクターに怒鳴られたことがあります。

私の知識不足と行動力のなさから招いたことなんですが、そのドクターは看護師長にも文句を言いに行ってました(汗)。

看護師長は「まだ数か月の新人なんで」とフォローしてくれたようですが、あの頃からドクター全員が怖くてトラウマになりましたね。

今ですか?

今は神経が図太くなったんで全然平気ですけど。

それからというもの、詰所にドクターがいるだけで凍り付いてました。

なんとも苦い思い出です。

スポンサードリンク

病院のどこにも安息の場がない

新人の頃は、ほんと24時間って言っても過言ではないくらい神経が張り詰めていました。

出勤で病院の中に入ってしまったが最後、詰所にも休憩室にもどこにも安息の場はなく、ご飯も喉を通らない。。

もちろん病室でも緊張するし、仕事が終わって寮に帰っても気が抜けず、寝ても夢にまで見るほど(汗)。

あの頃はほんと、心身ともに荒んでいましたね。

仕事中、常に口はカラカラ脱水状態

出勤前から緊張は極限に達しており、朝から晩まで口がカラカラ状態。

水分を摂るってことすら忘れていて・・。

いくら食欲がなくても、せめて水分くらいはしっかり摂らないといけませんね。

緊張すると、本当に唾液って出なくなるんですね(>_<)

身をもって知りました。

新人看護師、体を壊す

新人看護師として働き始めてからしばらくして、徐々に体調が悪くなり体がおかしくなってしまいました。

⇒新人看護師時代は仕事が辛すぎて体調不良で荒んでいたというヤバイ話。

 

体調が悪くなってしまう新人看護師さんは多いみたいですね。

そりゃそうでしょう。

あんな仕事環境ですもん。心のよりどころがない四面楚歌状態ですもんね。

仕事の辛さを忘れられるくらいの趣味だとか、何か楽しみがあったら良かったんですが、当時の私には見事に何もなかったんで、どんどん体が蝕まれていきました。

気持ちを切り替えられる余裕もなかったですしね。

⇒看護師は辛い!その気持ちを楽しいに変えるたった3つの方法!

 

 

【おわりに】

探せばまだまだありそうな気がします。

あの頃は若くて体力があったんで、なんとか持ちこたえたんだと思います。

しかし本当に辛い時期でしたね。

体というより、やっぱり心の方が辛かったかな。

新人さんは皆さんこんなかんじだったのでしょうか?

私は同期のなかでも、かなりの問題児だったので余計酷かったとは思いますが、どんな看護師でも大なり小なり苦い経験はあるはずです。

私が以前パートで働いていた病院に、テキパキとした頭のキレる看護師さんがいたんですが、その方が自分で言うには「自分は新人のとき全然仕事ができなくて、ほかの同期は1人立ちしてる時期になっても、自分だけはフォローする看護師が付いていた」とおっしゃってました。

分からないもんですね。その方の現在の働きぶりからは、まったく想像できませんでしたから。

やはり、どんな人でも「はじめから出来るわけがない」ということですね。

1年目より2年目、2年目より3年目と、確実に力はついてくるはずですから、心を強く持って少しだけ踏ん張ってみてくださいね。

こんな私でも、40代の今でも看護師としてやれていますから。

 

↓↓応援よろしくお願いしますm(__)m

看護師ランキング

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-体験談

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.