体験談

看護師がパートを掛け持ちする時のコツは?○○に注意!

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「看護師がパートを掛け持ちする時のコツは?○○に注意!」というお話をさせていただきます。

 

看護師の仕事はハードなものが多いですが、よく探してみると掛け持ちができそうな仕事内容のものも存在します。

今の給料に満足できていない方や時間的余裕がある方は、無理のない範囲内でパートの掛け持ち先を探してみるのも良いかもしれませんね。

しかし当然ながら、掛け持ちするにあたっては注意点もありますから、くれぐれも気を付けて働いてください。

そんな私も、一時期パートを掛け持ちをしていたことがありました。

そして、計画的に進めなかったことから、とんでもない失敗をしてしまいました汗

そこで今回は、看護師がパートを掛け持ちする時のコツや注意点を、私の実際の体験談も交えながらお伝えしたいと思います。

【看護師が掛け持ちできそうな仕事には何があるか?】

看護師が掛け持ち先として選ぶ仕事としては、主に以下のものがあります。

・夜勤専従

・献血ルームや健診センターでの採血

・イベントナースなどの単発派遣の仕事

・訪問入浴

・デイサービス

・サ高住

などなど。

ほかにも、短時間OKのクリニックや透析でのバイトなど、探せばたくさんあるかと思います。

本業に支障が出ないよう、事前によく吟味して決定してくださいね。

そのためには、実際に見学に行って雰囲気を確認したり、看護師の人数配置や仕事内容などをしっかりとチェックする必要があります。

失敗しないためには、看護師の求人サイトを利用する手もおススメです。

非公開の求人情報がいち早くゲットできますし、自分の求めている条件の職場が見つけやすいというメリットがありますから、お守り代わりに登録しておくといいと思いますよ。

 

看護師が掛け持ちをして働くメリットとは?

収入を増やすことができる

まずは、やはり「収入を増やすことができる」というのが最大のメリットだといえます。

多くの方が、これを目的に掛け持ちをしているのではないでしょうか。

リフレッシュができる

これは性格にもよるかもしれませんが、毎日同じ職場に行くより、時々違う職場で働いたほうが気分転換ができて効率よく働ける場合があります。

人間関係で悩みがある場合でも、嫌な人と毎日のように顔を合わさなくてもよくなるというメリットもありますね。

さまざまな職場を体験することができる

1つの職場だけですと、毎日おなじ業務内容の繰り返しでマンネリ化してしまうかもしれませんが、違う職場を体験することで刺激が生まれ、今までとは違ったやり方を学ぶことができたり、知ることができます。

職場の分野によっては、スキルアップにもつながるかもしれませんね。

 

看護師が掛け持ちをして働くデメリットとは?

精神的な余裕がなくなる

自分の時間は少なくなるのに、やらなければならない事柄は変わらずあり、精神的に追いやられてしまう可能性があることがデメリットとして挙げられます(体験済み)。

これはとくに、家庭や子供さんを持つ主婦の方に多い傾向だと思われますね。

また、2つの職場の仕事をミスなくこなさなければならないという、今までになかったプレッシャーも生じてきます。

体力的にキツイ

掛け持ちを始めることで、生活サイクルや環境がガラッと変わることが多く、また今までより休みの日も減りますから、最初は大丈夫だと思っていても、だんだん体力的にきつくなってくることがあります。

例えば、本業の仕事が体力を使う仕事だとしたら、掛け持ち先はなるべく体力を使わない仕事を選ぶなど、うまく考えて職選びをする必要があるといえますね。

 

【看護師がパートで掛け持ちするときの注意点とは?】

掛け持ちがOKな職場なのかどうかを事前に確認する

看護師の場合、一般的に常勤は副業が禁止されている職場が多くあります。

公立病院や刑務所看護師ですと「公務員」扱いになっておりますので、より厳しいかと思います。

またパートの場合でも、職場によっては掛け持ちが禁止なところもありますので、注意が必要です。

ご自分が現在働いている職場が掛け持ちOKなのかどうかを、しっかりと確認してから探してくださいね。

バレずに働く方法もあるかとは思いますが、年末調整の際には面倒なことになりますし、万が一バレた時が大変です。

どうせなら堂々と働きたいですしね。

収入面を計算しながら働くこと

パート看護師が掛け持ちをする場合、副業が年20万円以上の報酬を超えると確定申告が必要になってきます。

看護師の場合、時給が高い職場が多いので20万円はすぐに超すと思われます。

確定申告が面倒な場合は年間20万円未満にするように働き、超えてもいいようなら、時期が来たら確定申告を忘れずに行いましょう。

確定申告の時期は、たいてい2月中旬~3月中旬となっています。

ちなみに私は掛け持ちをしていた時は、掛け持ち先の職場を数か月で辞めたこともあって20万ギリギリ超えずに済みました^^

心身の余力を残して働くこと

これは私の体験談なんですが、掛け持ちをして働いていたとき、双方の休みがうまく入れられずに、月の休みが30日中3日しかないときがあり、心身ともに追いやられました。

運よく体調は崩しませんでしたが、しかしあのまま働いていたら確実に崩していたと思いますし、実際精神的にはかなり参ってしまいました。

多くのパート看護師は、仕事だけではなく家事や育児などの家庭の事もしなくてはなりませんからね。

できたら融通がきいて、休みが入れやすい職場のほうが良いと思います。

いくら今が健康で大丈夫だと思っても、余力を残さず限界に近い状態で働くのは絶対におすすめしません。

精神的に蝕まれていきますから。

 

【おわりに】

パート主婦の方ですと、わりと掛け持ちがしやすいかもしれませんね。

私の周りにも、看護師で掛け持ちをしているパートさんがけっこうたくさんいますよ。

掛け持ちしている方の特徴としては、本業もそんなにたくさん勤務を入れていないような気がします。

やはり休みも必要ですからね。

メリハリが大事だと思いますよ。私は以前仕事を入れすぎて失敗したので、メリハリの大切さが嫌というほど分かりました。

あなたも無理はせずに掛け持ち先を探してみてくださいね。

良い職場が見つかりますように。

 

⇒パート看護師の働き方はラクなのか?常勤看護師に言われた衝撃の一言!

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-体験談

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.