体験談 転職

サ高住で働く看護師の仕事内容は?医療行為の有無と意外な盲点

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「サ高住で働く看護師の仕事内容は?医療行為の有無と意外な盲点」というテーマについてお話させていただきます。

 

転職を考えていらっしゃる看護師さんの中には、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)への転職を視野に入れている方も多いのではないでしょうか?

また、「サ高住」ってどんなところなの?医療行為はするの?などと、疑問を持たれている方もいるかと思います。

そこで今回は、実際に「サ高住」で働いたことのある私が、看護師の仕事内容や意外な盲点などについてご紹介します。

【そもそも「サ高住」とは?】

「サ高住」とは、正式名称を「サービス付き高齢者向け住宅」といいます。

サ高住の特徴としましては、基本的には『まだ介護の必要のない、比較的元気な高齢者のための施設』であり、民間事業者が運営する賃貸住宅のことを言います。

そのため、義務付けられているものは

・安否確認サービス

・生活相談サービス

この2点だけなのです。

 

【サ高住で働く看護師の一般的な仕事内容は?】

サ高住で働く看護師の仕事内容は、一般的なくくりとしては以下のことが挙げられます。

入居者の安否確認

定期的に入居者の居室に伺い、または食堂兼団らん室などにおいて安否確認をします。

看護師は検温や血圧など、簡単なバイタルチェックも行います。

体調が悪くなった方や怪我人の対応

入居者の方で体調が悪くなったり怪我人が出た場合は、看護師が応急処置を施し、医療機関に受診した方が良いと判断した場合は家族に連絡を取り、医療機関に受診をします。

家族が連れて行く場合もあれば、看護師が付き添うこともあります。

コミュニケーションを図る

入居者とコミュニケーションを多く取ることで、その方の異変にもいち早く気づくことができますし、信頼関係も築きやすくなりますから、日ごろのコミュニケーションは大変重要となります。

簡単な医療行為

サ高住では基本的に医療行為はほとんどなく、軽い褥瘡処置であったり軟膏塗布や湿布貼付、怪我のガーゼ交換などがほとんどです。

医療行為は、外部サービスを利用しているところもあります。

一部の食事介助、服薬管理

入居者の方の中には、一部食事介助を必要とする方がいますので、介助をします。

また、入居者全員の服薬管理は看護師が行います。

 

スポンサードリンク

【実際にサ高住で働いた看護師の仕事内容はどうであったか?】

では次に、私が実際にサ高住で働いていたときの看護師の仕事内容についてお伝えしたいと思います。

私がサ高住で主に行っていた仕事内容は、以下の通りになります。

・バイタルチェック

・オムツ交換

・体位変換

・トイレ介助

・ベッドから車イスへの移乗、その逆も

・食事介助

・服薬管理

・月に1回採血

・薬剤師さんとミーティング(採血結果を見せて状態説明など)

・かかりつけ医師が往診したときの介助、説明など

・褥瘡処置

・軟膏塗布、湿布貼付

・バルーン交換

・酸素管理

・インスリン注射

・吸引

・散歩付き添い

・厨房手伝い、配膳

・おやつ配り、お茶出し

・シーツ交換

 

などなど、細かいことを挙げればまだあったと思います。

 

【サ高住での医療行為の有無】

上記で挙げました通り、私はサ高住で働いていたときに医療行為をしていました。

したがって、サ高住でも医療行為があるということがいえます。

しかし、一般的なサ高住看護師の仕事内容を見てみますと、医療行為はほとんどなく外部サービスに依頼するところもあるとなっています。

なぜこんなにも違いがあるのでしょうか?

 

【サ高住の意外な盲点】

サ高住によっては医療行為が多いこと

これは、現在の「サ高住」の在り方に原因があるようです。

最近のサ高住というのは、有料老人ホームなどと大差がないくらい介護や援助を必要とする施設が増えてきているのが現状です。

ですから、「まだ介護の必要のない、比較的元気な高齢者」が多いサ高住でしたら、医療行為も介護援助もほとんどないのでしょうが、介護度が高く医療ケアを必要とする入居者が多いサ高住は、必然的に医療行為や介護援助が多いのだといえます。

私が働いていたサ高住はまさに後者でしたので、寝たきりの方や1人で排泄ができない方、歩行がおぼつかない方がたくさんおり、また酸素やインスリン注射、吸引を必要とする方やバルーン留置の方もいらっしゃいました。

必要最低限のスタッフのみで看護師1人、雑用も多いこと

さらには、サ高住では人件費削減のためなのかしりませんが、必要最低限の看護師と介護士しかいませんでしたので、私は入職して3週間目くらいからは、その日の看護師は私1人でした。

高齢者がほとんどのサ高住では、急変したり転倒して怪我をするリスクも高く、何かあったときには自分1人で判断をして応急処置をし、外部との連絡や手続きも行わなくてはなりません。

もちろん、管理者という方はいるので外部連絡などは頼めるのですが、あくまでも看護師が判断や応急処置をすることにはなりますので、相当のプレッシャーを感じましたね。

また、介護士さんの数もかなり少なかったので(入居者30人に対して2人くらい)、看護師もオムツ交換やシーツ交換などを手伝い、さらには厨房に入って食事を作る手伝いもしましたよ。

厨房には1人、食事担当の方がいたのですが、手が回らない時などは手伝っていました。

ですので、目が回るくらい忙しかったです。

民間事業者が運営している

「サ高住」は民間事業者が運営している賃貸住宅です。

民間事業者は、福祉や医療現場のことを知らない人である可能性が高いため、方針がずさんな場合があります。

実際に私が働いていたサ高住のオーナーという人は、もともと夜のお店を経営されていたそうで、福祉や医療に関しては無知の方でした。

ですから、サ高住への転職を考えている方は、そのサ高住がどのような民間事業者の管轄なのかを調べたうえでご検討することをおすすめします。

できれば母体が福祉や医療施設または病院ですと、安心ですね。

 

【サ高住で働くメリットはあるのか?】

以上のことを挙げると、サ高住で働くことのメリットは何もないのかと思われてしまいそうですね^^;

サ高住にも、もちろんメリットはありますよ。

・トラブルがなければ落ち着いて過ごせる。

・入居者さんによっては、おやつをこっそりくれる。

・休憩がきっちり1時間取れる

などなどです。

病院や透析などのように、休憩中にヘルプで呼ばれることなどはまずありませんでしたから、1時間ゆったりと過ごせましたね。

また、まったくトラブルがなくて落ち着いている日ですと、わりと穏やかに仕事ができました。

 

【おわりに】

サ高住は、それぞれの場所で介護度も医療ケアの多さも全然違ってきます。

私の知り合いは現在「サ高住」に勤めているのですが(私が働いていたところとは違います)、そこまで動けない人もおらず医療ケアもそれほどない、そして看護師が絶対に2人以上はいると言っており、充実してそうでしたよ。

私は下調べをおろそかにしたせいで、良くない「サ高住」に当たってしまいましたが、探せば素晴らしいサ高住はたくさんあると思います。

ただ、それを見つけるためには、念入りな下調べ(見学)がモノを言うと確信しています。

ただ見学に行くだけではなく、看護師の具体的な仕事内容や勤務人数は何人かなどを詳しく質問したり、どれくらい自立されている方が入居しているかなどを、しっかり聞いて把握することが大事かと思います。

私はサ高住に転職する際、その入居施設がどんな状態なのかを調べもせずに就職してしまったので、いざふたを開けてみて愕然としました(汗)。

ちなみに厨房の仕事のことなどは、面接の時は一切言われませんでしたよ。

やっぱり事前にいろいろ聞くって、ほんとに大事ですね。

これから転職を考えている方は、しつこいくらいに調べつくして、次の職場を決めてくださいね。

 

応援いただけると嬉しいですm(__)m

人気ブログランキング

⇒患者とのコミュニケーションの話題は何がいい?留意点もご紹介!

⇒看護師人間関係は陰湿!いじめに遭った時にするべき4つの方法とは?

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-体験談, 転職

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.