悩み

子供が熱などで仕事を休む時は電話かメールか?看護師の場合について

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「子供が熱などで仕事を休む時は電話かメールか?看護師の場合について」というテーマについてお話させていただきます。

 

小さなお子さんを育児しながら働いているお母さん方、本当に毎日お疲れ様です。

私も今でこそ子供たちが大きくなりましたから、自分の事は自分でしてくれるようになりましたし、熱などもあまり出さなくなったためだいぶ楽になりましたが、まだ小さかった頃は色々な意味で本当に大変でした。

子供がいて働いているお母さんたちの悩みの一つに、「子供が熱を出したりして仕事を休まなければならなくなった時、職場に連絡しにくい」ということがあるかと思います。

たしかにそうですよね。

そこで今回は、子供が熱などで仕事を休まなければならなくなった時の連絡方法について、私の意見をお話したいと思います。

子供が熱などで仕事を休む時は電話かメールか?

子供が熱などで仕事を休まなければならなくなった時は、基本的には「電話連絡」だと思います。

直接理由と謝罪を電話で行うことがマナーだと思うからです。

しかし今の時代は、メール機能も充実していますから、これについては職場の雰囲気や上司の感覚によっても大きく異なってくるのではないでしょうか。

例えば、職場のスタッフ同士がフレンドリーな関係だったり、上司の頭が柔らかく「休みの連絡はメールでもいいよ」という雰囲気や実際にそのように言っていたのなら、休みの連絡をメールでしても差し支えないかもしれませんね。

しかし、いくら親しくてフレンドリーな職場だったとしても、「親しき中にも礼儀あり」ですから、メールの文章に絵文字を入れたりタメ口で文字を打つのはやめておいた方がいいでしょう。

休むことによって、職場に迷惑をかけてしまうことには変わりないのですから、そのあたりを履き違わなければ良いかと思います。

また、可能な限り休みの連絡は早めにすると良いでしょう。

そして、後日出勤した時には「休んですみませんでした」と一言言えるとなおいいですね。

ただし、休みの連絡をメールでする場合、もちろんデメリットもあります。

それは「すぐにメールを見てくれるか分からない」ということです。

誰にメールするのか、上司なのか会社用の携帯なのかによっても違ってくるとは思いますが、しばらく待ってみても万が一既読が付かなかったり、返信がないような場合には、念のため職場に電話を入れることをおすすめします。

無断欠勤騒ぎになっても嫌ですし、友達同士の連絡ではありませんから、念には念を入れておいたほうがいいと思うからです。

 

看護師の場合はどうするべきか?

では看護師の場合、子供が熱などで仕事を休むことになった場合には、電話した方がいいのかメールにした方がいいのか、どちらの方が良いのでしょう。

これは、職場の分野によると思います。

私の経験からしますと、病棟勤務の場合は、朝は血糖測定や食事介助などでバタバタしている時間帯がありますので、もしも電話連絡をする場合には、バタついているであろう時間帯を避けて電話を入れる必要があるかと思います。

私が勤務していた病棟は、たいてい8時くらいまでは夜勤さんがバタバタしており、8時過ぎくらいからその日の日勤さんが出勤してきて詰所にもスタッフが多くなってきますから、私はいつも8時回ったらすぐに電話を入れるようにしていました。

あまり遅くなってしまいますと、受け持ちその他の組み直しなどが直前になってしまい、余計に迷惑をかけてしまいますから、時間ギリギリにならないよう注意した方がいいですね。

病棟やバタバタ忙しい職場の場合は、メールで休みの連絡を入れて気づかれなかった場合、大変なことになりかねませんから、できれば電話連絡の方がいいのではないでしょうか。

確実にすぐメールを見てもらえるのならいい気もしますが。

また、比較的落ち着いた病院や施設等の職場でしたら、上司に早めにメール連絡すれば良いと思います。

実際、私は現在デイサービスで働いていますが、休みの連絡はもちろんのこと、勤務変更やその他諸々の連絡は上司の携帯にメールをしています。

ただし、いくら落ち着いている職場だとはいえ、その職場や上司の方針もあるでしょうから、心配な方は事前に上司に「休みの連絡方法は、どのようにしたらいいでしょうか?」と確認をしてみるのが確実ですね。

 

 

おわりに

私はこれまで7つほどの職場を経験し、急性期や透析室、療養型病棟や外科、デイサービスやクリニック、サ高住などを経験しましたが、そのなかで感じたことは「バタバタしていて忙しい職場ほどスタッフも殺伐としている」ということです。

全員とはいいませんが、やはり多忙すぎると心に余裕がなくなり、心身ともにギスギスしてきますよね。

気が強い人も多かったように思います。

ですから、そのような職場に何らかの理由で休みの連絡を入れるときには、生きた心地はしませんでした^^;

新人看護師の頃は休んだことはありませんでしたが、、

失礼または迷惑な連絡の方法を選んでしまい、反感を買って職場に居づらくなると辛いですから、連絡する時間帯や方法には十分注意してくださいね。

では、今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

応援していただけたら嬉しいですm(__)m

人気ブログランキング

⇒仕事にやる気が出ない時は退職してもいい?注意点についても

⇒看護師は体力がないと働けない?体力が比較的いらない職場6つとは

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-悩み

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.