仕事内容

看護師の資格を生かせる仕事は?病院以外で活躍できる場所5つ!

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「看護師の資格を生かせる仕事は?病院以外で活躍できる場所5つ!」というテーマについてお話させていただきます。

 

看護師が資格をいかして働ける場所というのは、病院に限らずたくさんあります。

病院のみでずっと働くのも勿論いいことだとは思うのですが、せっかく取った看護師の資格を、色々な場所でいかすのもとても良いことだと思います。

ところで、看護師の資格を生かせる仕事というのは、病院やクリニック以外でどんなところがあるのでしょうか?

そこで今回は、病院やクリニック以外で看護師の資格を生かせる仕事についてお伝えしたいと思います。

看護師の資格を生かせる仕事は何がある?

今回は、老人保健施設などのよく知られた職場は含まず、少し変わった職場で働ける分野についてご紹介したいと思います。

①重症障がい児のデイサービス

重症障がい児のデイサービスとは、心身に重度の障害がある子供を、学校外での時間にお世話するデイサービスです。

主に小中高生が利用するのですが、なかには未就学児を預かるところもあります。

子供たちの学校が終わった夕方や土曜日、長期休みの時などにお預かりをし、オムツ交換などの身の回りのお世話をしたり一緒に遊んだりします。

子供たちの中には、適宜吸引や吸入が必要だったり、酸素をしている子や導尿、胃ろうからの栄養・水分注入が必要な子もいますので、看護師はその「医療的ケア」を任されます。

そこまで難しい処置はなく、それなりのスキルさえあれば大丈夫かと思いますが、なかには「てんかん発作」を起こしたりする子供もいますので、そういった時に迅速に動ける知識は必要かなと思います。

また、病院と違ってドクターは常在しておりませんので、怪我をしたり病気の疑いがあるときには応急処置を任されたりします。

そういったことから少しプレッシャーは感じますが、子供たちは純粋でとっても可愛らしいので、「少し医療行為はあるけど、子供と一緒に楽しんで成長を見届けたい」と思えるような方でしたら、適した職場なのではないかと思います。

②支援学校

支援学校とは、心身障がい児が通う小学校から高校までが一環となった学校のことをいいます。

看護師はそのなかで、「医療的ケア」が必要な子供に対しての処置を行います。

重症障がい児のデイサービスと比べて看護師の人数も多いため、なにかトラブルがあった際には、相談したり応援を頼めるというのが良い環境であるといえます。

支援学校で働く場合、学校が休みの日が必然的に休日となります。

そのため、夏休みや冬休みなどは、まるっと休みになるということですね。

学校の先生ですと、事務仕事があったりなどで出勤する場合もあるかと思いますが、看護師の場合はまず休みになります。

ですので、給料の面では月によって差が生じてきますので、その点も考慮する必要があるかなと思います。

しかし業務的にはルーティンワークですので、さほどバタついたりはしないと思われます。

人手にもよりますがね。

③病後児保育または保育園

熱があったり病み上がりの子供を預かる場所で働く看護師です。

普通の保育園のなかには、病後児保育を併設しているところもあります。

発熱中だったりする点では、悪化しないかなどドキドキする部分もありますが、このような場所で預かる子供というのは、もともとは健康な子がほとんどですので、病院で働くほどのストレスは感じにくいかと思います。

季節によっては預かる子供が多いこともあるようですが、少ない時は本当に少ないようです。

また、いつもは保育士の補助として、園児と一緒に遊んだりお世話をしたりする仕事内容もあります。

子供好きなら楽しいかもしれないですね。

⇒保育園看護師のやりがいって?楽かきついか意外な注意点を教えます!

 

④検疫官

空港で検疫官として働く看護師のことをいいます。

多くの場合、白衣ではなく空港の専用の制服を着て仕事をすることになりますから、心新たに仕事ができそうですね。

⑤船上看護師(シップナース)

イベントナースなどという言葉はよく耳にしたことがあるかと思いますが、シップナースというのは船に乗り込み、急患の対応などを任される仕事です。

学校には保健室があり、会社にはたいてい医務室があるように、船内にも看護師が乗り込んで具合が悪い人や怪我をした人の対応をするんですよ。

船の上ではすぐに病院には行けないですから、応急処置ができる看護師の存在は必要なんです。

ある程度の知識やスキルは必要ですが、まったく違った環境で働きたいという方には、良いのではないでしょうか?

 

看護師の資格を生かせる仕事を効率よく探すには?

看護師の資格を生かせる仕事を効率よく探すには、入ってくる情報の数がものをいいます。

少ない情報しか入ってこない環境ですと、その中から仕事を選ぶこととなり、結果「こんなはずじゃなかった」となってしまうことも否めません。

そうすると、またすぐに辞めることになってしまい、そしてまた少ない情報の中から探す・・・という悪循環に陥ってしまいます。

ですから、日ごろからアンテナを張り巡らし、より多くの情報を集めるように心がけましょう。

知り合いの看護師から情報を聞くのもいいですし、看護師転職サイトに登録をして、非公開のオイシイ条件の中から職場を探すのも1つの手だと思います。

「こんな職場で働きたい!」という希望を明確にし、妥協しないで探せばきっと良い職場に出会えることでしょう。

まずは、情報収集と相談!が大事です。

 

 

おわりに

看護師が活躍できる場所は、探せば他にもたくさんあります。

病院や施設だけに縛られることなく、自分に合った分野を探してみてくださいね。

思いがけず理想の職場に巡り会い、ストレスから解放されることだって無きにしも非ずですよ。

 

↓↓ 応援していただけたらテンション上がります!

看護師ランキング

 

⇒刑務所看護師になるには?特殊な空間で働く意外なメリットとは?

⇒訪問入浴看護師はきつい?働くコツや便利な持ち物を口コミ!

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-仕事内容

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.