仕事内容

HCUとICUの違いは?HCUで実際に働いていた体験談も!

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「HCUとICUの違いは?HCUで実際に働いていた体験談も!」というテーマについてお話させていただきます。

 

よく病院やドラマなどで「ICU」という言葉は耳にすると思いますので、なじみがある方も多いと思います。

では、「HCU」という言葉はご存知でしょうか?

病院によっては、ICUとは別にHCUという場所があるんですよ。

そこで今回は、HCUとICUの違いについてと、私が実際にHCUで働いたことがありますので、その時の体験談をお話したいと思います。

HCUとICUの違いは?

まず、「HCU」と「ICU」の違いについてです。

ICUのほうがHCUよりも重症度の高い患者を受け入れており、看護師の設定基準もICUでは患者2人に対して1人の看護師が配置されるのに対して、HCUの看護師設置基準は4対1となっております。

それだけICUの方が、患者さんの重症度が高いということですね。

また、ICUの診療報酬の加算日数は14日までとされていますが、HCUに関しては最大21日まで加算日数を延ばすことができるところも違ってきます。

 

ICUとはどんなところ?

「ICU」とは、"Intensive Care Unit”の略語です。

死亡リスクが高かったり、呼吸・血液循環・その他重症度が高い急性期の患者を24時間体制で管理し、効果的な治療・看護が実施できるよう、必要な人員や薬剤、医療機器を万全な体制で整えている「集中治療室」のことをいいます。

 

HCUはどんなところ?

「HCU」とは、“High Care Unit”の略語です。

ICHが受け入れる患者より重症度は低いが、重症になる恐れがある患者を、一般病棟よりも集中して治療・看護するための「高度治療室」「準集中治療管理室」のことをいいます。

言ってみれば、ICUと一般病棟の中間に位置する治療室ですね。

ちなみに一般病棟の看護師配置基準は、患者7人~10人に対して看護師は1人ですから、十分なケアをすることは難しいと思われます。

患者の人数が多いと、どうしても仕事が終わらなくなってしまうため、必要最低限のケアや観察のみとなりがちですので、HCUの存在は必要であるといえますね。

 

私が実際に働いたHCU体験談

私は独身の頃、HCUで働いたことがあります。

その病院では、外科の看護師がHCUも兼任するという形を取っており、当時外科に勤めていた私も、もれなく働くこととなっていました。

働いていたHCUのフロアはそれほど大きくなく、ベッドは7床ほどでした。

たいてい看護師が2人で勤務しており、珍しくベッドに空きがあるときなどは、看護師1人で勤務するときもありましたよ。

もちろん、昼休憩の時は交代してもらっていましたが。

 

私が働いていたときにHCUに来る患者さんというのは、主に以下の方が多かったです。

・大きな手術をしたあとで、しばらく状態管理が必要な場合

・救急者で運ばれてきたが、死亡リスクはなさそうな場合

・夜間緊急手術をしたあと、朝を待って一般病棟に戻るのを待つまでのあいだ

・緊急透析が必要になった場合

・わりと大きな処置(トロッカーを入れるなど)をする場合

 

大きな手術は、私が働いていた頃は脳外が多かったように思います。

このHCUだけかもしれませんが、わりと何でも請け負うというか、奥のベッドで透析を始めた時にはびっくりしましたよ。

先輩看護師が全部おこなってくれましたが、HCUでは透析もするんだと、今でも鮮明に覚えています(多分、臨床工学技士さんもヘルプでいたはず)。

透析室が併設されている病院なら、そんなことはないと思いますがね。

 

何しろ看護師は2人だけでしたので、HCU勤務の日は生きた心地がしませんでした。

まだ駆け出しの看護師の頃でしたので。

しかし、あの時ドクターに怒鳴られながらも様々な処置や介助に入り、急性期の看護をすることができたので、その経験は今でも大変役に立っております。

 

 

おわりに

HCUとICUの違いをお分かりいただけたでしょうか?

主に患者さんの重症度の違いと、看護師の配置基準に違いがありますね。

もちろん、医療機器や物品にも違いがあるかと思います。

今回の記事が、お役に立てれば幸いです。

 

↓↓ 応援していただけたらテンション上がりますm(__)m

看護師ランキング

⇒看護師の注射は練習(経験)あるのみ!苦手克服に役立った方法3つ!

⇒透析看護師には向き不向きがある?特殊なスキルと特徴は主に5つ!

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-仕事内容

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.