お助け 体験談

患者とのコミュニケーションの話題は何がいい?留意点もご紹介!

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「患者とのコミュニケーションの話題は何がいい?留意点もご紹介!」というテーマについてお話しさせていただきます。

 

看護師にとって患者さんとのコミュニケーション能力というのは、看護や医療のスキルと同じくらいか、もしかしたらそれ以上に重要なことかもしれません。

看護をするうえで、患者さんと実際に接してコミュニケーションを図ることは、切っても切れない行為だからです。

とはいえ、看護師の資格を取ったからと言って、すぐにコミュニケーション能力が養われるわけではなく、これはもう色々な患者さんと接して、経験値を上げていくほかありません。

実際に私も、新人看護師時代は患者さんを前にすると、しどろもどろになってしまい、十分なコミュニケーションなどまったく取れませんでした。

しかしそれから20年以上が経過した今では、何も考えなくても話題が浮かび、楽しくコミュニケーションが図れるようにまでなりましたよ。

そこで今回は、患者さんとのコミュニケーション時の話題や、留意点などについてお伝えしたいと思います。

患者とのコミュニケーションの話題は何がいい?

「患者さん」と一言に申しましても、その年齢層や性格はじつに様々ですから、それぞれに適した話の内容がいいですよね。

子供の場合のコミュニケーション

子供さんの場合であれば、今話題のテレビ番組やそのキャラクター、または通っている幼稚園や小学校の友達や先生について聞くと良いですね。

ポイントは、質問してあげることです。

私の経験では、とってもおとなしい女の子がいたのですが、持っていたアクセサリーや髪飾りがキラキラしていて可愛かったので、「可愛いのしてるねえ!いいなあ、誰がくれたの?」と切り出し、「へえ~、おばあちゃんが買ってくれたの?おばあちゃん、優しいんだね^^」などと話しかけていましたら、そのうち「これも持ってるんだよ!」と色々見せてくれ、最終的には仲良しになりましたよ。

子供は、高圧的な態度や話し方をすれば当然怖がってしまいますから、同じ目線になるようしゃがんでみたり、優しい口調で話すと良いと思います。

男の子の場合は、優しいというよりは「面白い」方がウケがいいかもしれませんので、可能なら一緒に歌ったり真似っこ遊びをすると喜んでくれますし、そのうち自分から色々話してくれるようになると思いますよ。

また、これは男女の子供どちらにも言えることですが、「エライね」「すごいね」と褒めてあげると明らかに喜んでくれます。

子供ってかわいいですね!

高齢者の場合のコミュニケーション

高齢者の場合のコミュニケーションについては、以下の記事にくわしく書いておりますので、よろしかったらご覧になってください。

⇒看護師のコミュニケーション能力を高めるには?高齢患者と打ち解ける

私は20数年の看護師生活の中で、高齢患者さんと接した機会が圧倒的に多いのですが、人当たりが良い方もいれば偏屈で怒鳴り散らすような方など、今まで本当に色々な患者さんを見てきました。

看護師の中には、偏屈な高齢患者さんとケンカをして、泣きながら詰所に戻ってきた人もおりましたよ^^;

戦争で大変だった時代を生き抜いてきた方々ですからね、プライドの塊のような方もいらっしゃいますから、そのような偏屈な高齢患者さんと接するときには、私は何か言われても、冷静に「そうですか、失礼いたしました。では、どういたしましょうか?」などと、あくまでも冷静に受け答えしていました。

そのときに忘れてはならないのは、「丁寧な口調」です。

感情的になってしまうのももちろんいけないのですが、高齢の方に対してため口を交わすのは絶対にやめましょう。

スポンサードリンク

成人の場合のコミュニケーション

成人の場合も、基本は敬語です。

「打ち解ける」のと「くだける」のとでは、意味が違います。

友達の関係ではありませんので、私はため口はおすすめはしません。

顔では笑っていても、心の中ではイラっとしている患者さんもいるかもしれないからです。

一度そのような感情を持たれてしまいますと、話が弾まなくなったり、あとあと支障が出てくる場合がありますので気を付けましょう。

成人患者さんの場合は、テレビ番組の内容だったり時事ネタ、エンタメ関係の話題が妥当だと思います。

ご家族の話は、患者さんによってはデリケートな場合がありますから、患者さんの方から話してきたときだけ質問してみるくらいがいいかもしれません。あくまでも、患者さんによりますが。

 

私の経験でいいますと、以前透析室で働いていた時に、世の中の動きやニュースに詳しい患者さんがいまして、その方と接するときにはいつもそのような話題が主でした。

話についていけないとガッカリされますから、私は大きなニュースは必ず押さえていくようにしていましたよ。

患者さん「○○と○○離婚したんだってね~」

私「あ、そうらしいですね。なんか親権問題で揉めてるみたいですね」

患者さん「そうそう!子供がかわいそうだわね」

こんなかんじで、話の内容が分かっていると、どんどん広げて行けますからニュースをチェックするのは非常に大事だといえます。

 

患者とのコミュニケーションを図るうえでの留意点は?

患者さんとのコミュニケーションを図るうえでの留意点ですが、上記でも述べましたが子供の年齢層以外は敬語を使うことが大事です。

よく、ため口で目上の患者さんとも馴れ馴れしく話している看護師がいますが、患者さんはもちろんのこと、ご家族がその光景を見た時にも、良い気分にはならないでしょう。

もしも私の両親が入院中で、若い看護師が「じゃあ、これを交換するからね。じっとしててね」なんて話されているのを見てしまったら、とってもモヤモヤしてしまうと思います。

看護師は身だしなみはもちろん、話す口調にも気を付ける必要がありますね。

また、あくまでも患者さんのタイプは色々ですから、一筋縄ではいかないときもあります。

ですから、疾患や処置の内容だけを情報収集するのではなく、その患者さんの性格や嗜好などもさりげなくチェックし、その方に適した内容の話題をふることが重要となります。

私なんかは、聞けそうな患者さんには「どんなことが好きですか?」「○○はやりますか?」など、直接聞いたりもしますよ。

話題によって話を広げて行けそうなら、すかさず話を盛り立てていきます。

臨機応変な対応も必要ですね。

数をこなしているうちに、どんどんコミュニケーション能力は上がっていきますから、最初は上手くいかなくても、めげずにどんどん図っていきましょう。

それが一番大事です。

 

 

おわりに

私が看護学生や新人看護師時代は、それはそれは散々たるものでした。

何を話せばいいのかまったく言葉が出てこず、やることだけやって詰所に逃げ帰ったことも一度や二度どころではありません。

そんな私でも、今では何も考えなくてもすらすらとコミュニケーションが図れるようになりましたから、経験を積めば絶対にいつかは慣れてくるものです。

医療技術のスキルもコミュニケーション能力も、とにかく経験値を積むことです。

注射だって、教科書で勉強しただけでは上手くなりませんからね。

コミュニケーションも、勉強のみならず実際に実践をして、失敗したって次につなげていけばいいのです。

 

ポチっと応援いただけると嬉しいですm(__)m

人気ブログランキング

 

⇒人見知りの原因と克服するたった6つの方法!これで私は克服しました

⇒看護師の仕事が終わらない!スピードが劇的に早くなる3つの方法は?

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-お助け, 体験談

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.