仕事内容

新人看護師のクリニック就職はありなのか?注意点と上手く働くコツ

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「新人看護師のクリニック就職はありなのか?注意点と上手く働くコツ」というテーマについてお話させていただきます。

 

看護師の資格を取ったばかりの新人看護師は、右も左も分からない状態でいきなり仕事をするわけですから、当然仕事が分からなかったりスピードが遅かったりなどで、先輩看護師や上司から怒られます。

私も新人看護師の頃は悲惨な状況でして、怒られない日はないくらいでしたよ。

しかもドクターも怖かったので、ドクターからもよく怒鳴られていました。

そんな辛いばかりの新人看護師は、「もっとラクで怒られないところで働きたい」と転職を考える方も多いことだと思います。

実際に、最近では新卒でクリニック勤務を選択する方も増えていると聞きます。

病棟はやはり激務ですし、医療行為も多いですからね。

そこで今回は、新人看護師がクリニックに勤務するのはありなのか、またその際の注意点や上手く働くコツなどについてお伝えしたいと思います。

新人看護師のクリニック就職はありなのか?

新人看護師のクリニック就職はありなのかという点についてですが、新人看護師でもクリニックに就職することはできます。

看護師の資格さえ持っていれば、クリニックに限らずどこでも需要のある場所でなら働けるはずです。

しかし、個人的な意見としましては、新卒1年目でクリニックに就職するのはおすすめはしないです。

この先もずっと看護師として働くのであれば、はじめの何年間かは看護師としてのスキルや知識を身に着けた方が、今後の看護師人生や転職においても、おおいに役立つからです。

最初からクリニック勤務を選択してしまいますと、やれる医療行為はかなり限られており、科によってはほとんど医療行為がないところもあります。

また、仕事内容もルーティンワークが多いですので、毎日ほぼ同じことの繰り返しの仕事ですと、自分で判断する力が伸びませんし、スキルや経験も積むことができません。

クリニックによっては新人研修を行っているところもあるようですが、病棟などと比べますと身につくスキルはかなり限られているかと思います。

その前に、ほとんどのクリニックは新人研修は行っていないでしょう。

ですので、自分は看護師のスキルや知識を蓄えないで良いのかをよく考え、クリニックに就職するかどうかを決めてくださいね。

 

新人看護師がクリニックで働くときの注意点

クリニックは、お察しの通り病棟よりラクです。

ほぼルーティンワークですし、大きな医療行為もなければ重症な患者さんも来ないですので、命を預かるという緊張感はそこまでないといえます。

しかし、クリニックにもデメリットがあり、それはスキルのない新人看護師にとっては、よりプレッシャーや苦痛を強いられるかもしれません。

それはどんなことかと申しますと、クリニックでは必要最低限の看護師しか勤務しておりませんので、クリニックによってはその日の看護師が自分1人という日もあります。

私も午後診は自分1人だとか、1日中自分1人だけという日がよくありましたよ。

そのようなときに、先生からのオーダーで採血や点滴が入ったときには、自分が1人で施行することになります。

スキルや経験値を積んでいる看護師ならばワケないことですが、これが新人看護師となると大変なことです。

比較的元気な方の血管とはいえ、なかにはまったく見えなかったり、めちゃくちゃ細い血管をお持ちの方もいます。

私は企業健診の採血ナースとして、企業に出張して採血しに行っていたことがあるのですが、ビックリするくらいどこにあるか分からないような血管の方もいましたね。

そんな時は指で腕を触り、血管の弾力を見つけて走行を定めて刺すのですが、これはやはり感覚と言いますか、経験を積んでいないと分からないところがあるんですよね。

ですから、クリニック勤務は激務ではないかもしれませんが、点滴や採血を1人で行わなければならないことがあるということを覚えておいてください。

その点、病棟でしたら最悪お願いして代わってもらうことができますし、わりと大きなクリニックでしたら看護師が1人ということはないかもしれませんね。

⇒見えない血管の見つけ方は?失敗なく刺せる方法やコツについて

 

新人看護師がクリニックで上手く働くコツは?

上記でも挙げました通り、クリニックは看護師が少数ですので、点滴や採血を自分1人で行わなければならないときがあるかもしれません。

どうしてもそれが怖いというのであれば、クリニックを探す際には小さなところではなく、わりと大きなクリニックを探すことや、また事前に見学に行って看護師の人員配置や仕事内容を詳しく聞いてみましょう。

働き始めてからでは遅いので、事前の下調べがかなり重要だといえます。

また、ベテラン看護師と一緒の勤務になったときには、自分は新人なので色々教えてくださいとお願いし、時間に余裕があるときはベテラン看護師が点滴するところを見学させてもらいましょう。

教科書で勉強しただけでは、点滴や採血は上手くなりません。

自分の経験値を積むことと、あとは上手な看護師の刺し方を実際に見て覚えることが大事なのです。

⇒看護師の注射は練習(経験)あるのみ!苦手克服に役立った方法3つ!

 

看護師は荒波に揉まれてなんぼ

看護師になってはじめの3年間は、最も成長できる年だといいます。

はじめに荒波に揉まれて色々経験を積むことで、看護師としての将来の幅がかなり広がるかと思います。

そのクリニックに定年になるまで働くなら話は別ですが、今後違う場所に転職することになったとき、病棟経験を積んできた周りの看護師と比べて、スキルが大きく劣るのを感じると思います。

病棟経験がないとなると就職活動でも不利になりますから、やはりはじめの3年間、どうしても無理なら1年~2年間は病棟で荒波に揉まれてスキルを磨くことをおすすめします。

 

 

おわりに

私は新人看護師時代に外科病棟とHCUに2年おりまして、その後は少しクリニックに勤務したのち、透析室や一般病棟、療養型病棟などを経て、現在はデイサービスで働いております。

たしかに新人看護師時代は、思い出したくないくらい辛いことだらけでしたし、実際に体調を崩したこともあります。

しかし、40代になった今振り返ってみますと、あのときしごかれたお陰である程度のスキルが身につき、その後働いた様々な職場でも、かなり役に立っております。

一番身についたのは、「根性」だったかもしれませんね。

現在仕事が辛いと思っている新人看護師の方、または新卒後はクリニック勤務を希望している方、働き方は本人の自由ですのでもちろんクリニック勤務でもいいと思いますよ。

ただ、長い目で見た時のことも考えて、慎重に検討なさってみてくださいね!

では、今回はこのへんで。

 

 

応援いただけると嬉しいですm(__)m

人気ブログランキング

⇒クリニック看護師の良し悪しは何で決まる?すべては○○が握っている

⇒看護師転職の面接で聞かれる事って何?実際に聞かれた内容を教えます

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-仕事内容

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.