仕事内容

臨床検査技師と看護師の違いは?仕事内容や待遇についても!

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「臨床検査技師と看護師の違いは?仕事内容や待遇についても!」というテーマについてお話させていただきます。

 

医療機関で働く医療従事者には、じつに様々な職種があります。

看護師は大きな病院はもちろんのこと、小さなクリニックや施設など様々な場所で働いていますが、臨床検査技師は比較的大きな病院で働いている、いわゆる検査のエキスパートなんですよ。

 

ところで、臨床検査技師と看護師にはどのような違いがあるのでしょうか?

資格取得の難易度や待遇の違いについても気になるところです。

そこで今回は、臨床検査技師と看護師のさまざまな違いについてご紹介したいと思います。

臨床検査技師と看護師の違いは?

臨床検査技師と看護師の違いとしては、以下のことが挙げられます。

仕事内容が違う

まず仕事内容についてですが、臨床検査技師は医師の指示の下で各種検査を行い、病気の診断や治療に役立てるための検査を担っている職業です。

患者の状態を客観的に把握するためには、検査のデータは必要不可欠なのです。

ですから、臨床検査技師はただ検査をしてデータを出せば良いというわけではなく、そのデータから病気の兆候や緊急性を読み取り、医師にいち早く報告をするという役目もあります。

ちなみに検査には、血液や尿などを検査する「検体検査」と、直接患者の体を検査する心電図や超音波検査などの「生体検査」の2種類が大きく分けてあります。

また臨床検査技師は、心電図や超音波検査などの検査や採血業務などで患者と接することはあっても、患者自身というよりは、患者から採取した検体を相手に仕事をしているといった職種といえるでしょう。

ですから、みずから患者さんのいる病棟や診察室に出向くことはまずありません。

縁の下の力持ちのようなポジションですね。

 

一方で看護師の仕事は、医療機関内のあらゆる部署において、医師が患者の診察や処置を行う際に介助や補助をしたり、排せつや食事などといった身の回りの世話を行う職業です。

看護師も採血などを行いますが、主としては患者さん自身の心身に向き合いケアをする職種となります。

看護師の所属部署は様々ですから、病院内では所属する場所によって仕事内容が異なります。

また、チーム医療において看護師は、患者に最も接点のある職業として重要な役割を担っています。

許可されている医療行為が違う

臨床検査技師に許可されている医療行為は採血のみとなっています。

ですので、患者の採血はすることはできるのですが、たとえば注射などのように血液中に薬剤等を注入する医療行為は許可されていません。

一方看護師は、「診療の補助」を行うことが保助看法で定められているため、医師の指示のもとであれば採血のほかにも注射や点滴、医療機器の操作や投薬など幅広く医療行為をすることが可能です。

臨床検査技師と看護師、どちらも共通して言えることは「医師の指示のもとで」「定められた場所(病院など)で」行うことが義務付けられているところです。

 

臨床検査技師または看護師になるには?

臨床検査技師と看護師はどちらも、当該の職種の養成課程を修了(専門学校なら3年間、大学なら4年間)すれば、臨床検査技師または(正)看護師の国家試験を受ける資格を得ることができます。

そして国家試験に合格すれば、臨床検査技師または看護師として働くことができます。

当たり前ですが、看護師養成課程を修了したからといって臨床検査技師の国家試験を受けることはできず、反対に臨床検査技師養成課程を修了したからといって看護師の国家試験を受けることもできません。

それぞれ、まったく異なる領域です。

 

スポンサードリンク

国家試験の難易度の違いは?

上記でも申し上げましたが、臨床検査技師と看護師どちらの資格も、年に1回の国家試験に合格することで取得をすることができます。

臨床検査技師の国家試験合格率は、毎年70~80%前後です。

看護師の国家試験合格率は、毎年90%ほどとなっています。

臨床検査技師の国家試験は、五肢択一または五肢択二形式です。

一方で看護師の国家試験は、五肢択一や五肢択二に加え、四肢択一の問題も多く出題されます。

出題形式の違いも合格率に少なからず関係しているかもしれません。

 

就職の難易度の違いは?

就職の難易度の違いについてですが、臨床検査技師の就職先は主に病院や検査センターが一般的です。

しかし昨今では、簡易検査キットや検査機器の進歩によって必要な臨床検査技師の人数が減ったため、正規雇用枠は減少傾向にあります。

ですので、今後は病院などの医療機関のみならず、医療機器メーカーや製薬会社なども視野に入れて就職活動を行う必要があると思われtます。

 

一方で、看護師の就職先は主に病院やクリニック、施設などが一般的です。

最近では男性の看護師も増えてきたとはいえ、まだまだ女性が主体の職種ですから、結婚や出産を機に退職する看護師は多く、そのため多くの医療機関では看護師の人手不足が万年化しているような状況です。

さらには高齢化社会に伴って、今までよりも介護施設や訪問看護ステーションなどの求人も増えてくることから、看護師が就職に困ることはないといえます。

 

給料や待遇の違いは?

給料や待遇面の違いについてですが、一般的に臨床検査技師と看護師の給料は、看護師のほうが高給である場合が多いです。

臨床検査技師の新卒の初任給は、平均して20万円前後となっています。

さらに夜勤のある病院や検査センターに就職した場合は、夜勤手当がつきます。

対して看護師の新卒の初任給は、平均して20万円前後ですので、この時点では臨床検査技師ととくに変わりありませんね。

しかし看護師は夜勤が多いため、臨床検査技師よりも夜勤手当が多くつくのです。

しかしながら、看護師の業務内容はじつに幅広く、ときには汚い仕事や体力を要すること、また夜勤などの不規則な業務時間や残業が多かったりなどで大変なことが多くあるため、なかには割に合わない給料だと思っている看護師もいます。

一方で臨床検査技師の場合は、基本的に検査を専門的に行うため業務的な範囲は限られており、夜勤があったとしても少人数で、夜勤中にバタバタすることは、看護師ほどはないといえます。

 

働くなら臨床検査技師と看護師どちらがおすすめ?

これは、個人個人がどのような志を持って働きたいと思っているかで違ってくるといえます。

臨床検査技師は検査のエキスパートですので、検査データを瞬時に判断し、医師へ迅速に報告することによって患者の命を救う事にもつながる、重要なポジションの職種であるといえますね。

あまり表に出ることは少ないですが、なくてはならない縁の下の力持ちのような存在です。

また看護師に比べて勤務体制が規則的なため、夜勤や休日出勤はあまりしたくないと希望している人は、臨床検査技師の方が向いているかもしれませんね。

医療機関以外にも、医療機器メーカーや検査薬メーカー、製薬会社などの企業に就職することも可能ですから、自分に合った就職先を選ぶこともできます。

 

一方で看護師は、状況を的確に判断し、迅速にケアや処置に当たれる能力や、患者さんの気持ちに寄り添い、心身ともに支えることができる人格が要求されます。

そのため、仕事はきついが「患者さんの役に立ちたい」「患者さんを助けたい」という気持ちが強い人は、看護師は適任なのではないでしょうか。

私は看護師を20年以上しておりますが、正直どちらにもメリットとデメリットがありますので、はっきりとおすすめはできません。

しかし、40代の今になって思うことは、「看護師になって良かった」ということです。

実際に臨床検査技師や看護師の職種に就いている人から、直接話が聞けるとリアルに想像できていいかもしれないですね。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

臨床検査技師も看護師も、それぞれ魅力のある職種だと思います。

私は前職場の臨床検査技師さんと世間話ができる仲だったんですが、どんな検査に対しても瞬時に判断と説明をしてくれ、本当にすごいなと感じていましたよ。

自分の適性もあるでしょうから、よく下調べをして選んでみてくださいね。

 

応援いただけると嬉しいですm(__)m

人気ブログランキング

⇒人間関係がうまくいかないのはなぜ?女性が多い職場で使える方法

⇒言霊で幸運の引き寄せはできる?実際に体験した鳥肌な出来事

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-仕事内容

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.