体験談

頭痛外来行ってきました。受けた内容と驚きの検査結果について

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「頭痛外来行ってきました。行った内容と驚きの検査結果について」というテーマについてお話させていただきます。

 

先日、初めて頭痛外来を受診しました。

以前から頭痛が酷く、ほぼ毎日市販の頭痛薬を飲んでしまう状態でして、何か異常があったらいけないから受診してきなさい!と、家族や職場スタッフに言われ、しぶしぶ行ってきましたよ。

今回は、頭痛外来で受けた内容や、驚きの検査結果についてお伝えしたいと思います。

頭痛外来で受けた内容とは?

家の近くに、頭痛外来もしている脳神経外科がありましたので、仕事が休みの日に受診をしました。

内科と違って特殊な科?だからなのか、そこまで混んでいるというかんじではなかったです。

はじめは問診です。

・いつごろから痛み出したのか

・持続時間

・痛みの種類(ズキズキ、ピリピリなど)

・痛む部位

・頭痛薬を飲む頻度や効き具合

・パソコンやスマホなどを多く使うか

 

聞かれたのはこれくらいですかね。

そのあと、「ちょっと肩を触りますね」と言われ方を触診してもらったのですが、一瞬触っただけで「あ、硬いですね」と言われました^^;

その後、脳に異常があるかどうか調べるために「MRI」という検査があるのですが、ちょっと料金が高いですのでこれは任意となりますがどうされますか?と言われました。

脳に異常があったら大変!しかも、脳ドックもしばらくしていませんでしたので、やってもらうことにしましたよ。

運がいいことに予約者がいなかったため、すぐにやってもらうことができました。

頭を軽く固定され、狭い筒のような中に入り15分~20分ほど動かずにじっとしていればOKで、痛くも痒くもありません。

不思議な機械音がやや騒がしかったくらいです。

しかし!!!

閉所恐怖症の私には、この15分~20分がキツカッタ(ノД`)・゜・。

頭を軽く固定され筒の中に入ったすぐから、血の気が引いて気分が悪くなり・・・

この状態で15分?20分?絶対に無理!!

一応、気分が悪くなったりしたら押してくださいねとボタンを渡されていましたので、何度そのボタンを押そうと思ったことか。

でもここで押してしまったら、せっかく脳の状態が分かるチャンスなのに、それが水の泡になってしまう、、、

などということを悶々と考え、大好きなキャンプ場でテントの中にいることを想像し、「あ~空気がおいしいな」「やっぱキャンプっていいな」などと現実逃避をしながら目を瞑って耐えました。

しばらくすると体がポカポカしてきて、「あ、血の気が戻ったな」という感覚になりました。

その後は、「もう暗いから寝なきゃね」と何度も言い聞かせ、ずっと目を瞑っていたらいつのまにかウトウトしており、なんとか検査を終えることができました(;´∀`)

 

スポンサードリンク

頭痛の原因と驚きの検査結果

MRIの検査後に再度診察室に呼ばれ、検査結果を聞きました。

まず、脳みそはとてもきれいですと。

そしてもう一つ、脳の血管も診てみましたと言われ、眉間のあたりに通っている「前交通動脈」に小さな瘤(コブ)があると言うではありませんか!

俗にいう、脳動脈瘤です。

しかし現在のところは、本当にでき始めといいますか、わずかにあるくらいだそうですので、また半年後にMRIを撮って経過を見てみましょうと言われました。

ちなみにこの瘤と頭痛は直接は関係していないとのことです。

よって私の頭痛は、総合的な判断から「極度の肩こりおよび首凝りによる緊張型頭痛」ということでした。

筋肉を和らげたり緊張をほぐす薬を2種類もらって家に帰りました。

 

おわりに

その晩、さっそく処方された薬を飲んでみたのですが、よく効いたのか怖いくらい超熟睡しました。

朝の目覚めもスッキリ!

こんな感覚はいつぶりだろうと思うほどでしたよ。

嬉しかったのですが、でもこの薬を毎日飲んでしまうと、薬がなくなったときに依存した体になっていそうで怖くなったので、本当に体がキツイときにだけ飲むようにしています。

先生は、飲んでも飲まなくてもいいし自分で調節してくださいとおっしゃっていましたので。

あとは、頭痛薬を毎日のように飲むのは「薬物乱用になるのでおススメできません」と言われてしまいました^^;

たしかに。

良くないですよね。

頭痛外来に受診してからは、頭痛薬は何とか1週間に1回くらいにしようと頑張っています。

仕事中に痛くなってしまった時はどうしようもないので飲みますが。

家にいるときは、痛くなってきたら可能な範囲内で横になるようにしてから、頭痛薬を飲まなくても何とか耐えられるようになりました。

この調子で、頭痛薬に頼らなくても生活できるようにしていきたいと思います。

あとは、半年後にまたMRIですね・・・

怖い!!色々な意味で怖い!!今から憂鬱です。

でも仕方ないですからね、頑張ります。

以上、頭痛外来での様子と結果報告でした。

 

応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

⇒焚き火で落ち着く理由は何?動画でも効果あり!炎の不思議を体験しよう。

⇒看護師は体調管理が重要!辛い頭痛を軽減させる目から鱗な方法3つ

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-体験談

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.