からだ

コロナワクチンはいつから接種可能?医療従事者が実験台か

こんにちは、お疲れ様です。

さて今回は、「コロナワクチンはいつから接種可能?医療従事者が実験台か」というテーマについてお話させていただきます。

 

新型コロナウイルスの猛威が止まらないなか、イギリスでは一足早くコロナのワクチンが接種開始となりました。

ここ日本はどうなっているのでしょう?

何に対しても取り組みが遅い印象の日本ですが、良い風に言えば慎重だということでしょうか。

十分な治験もされずに作られたワクチンを体内に入れるなんて、考えただけでも怖いですからね。

そんななか、日本もついにコロナワクチンの接種時期が定まってきたようです。

なにやら、まずは医療従事者が先だとか、、、

言っていることは分かりますが、どんな副作用が出るかも分からない未知のワクチンを、はじめに体内に入れるなんて怖すぎます!!

今回は、日本でのコロナワクチンの接種開始内容についてと、医療従事者や国民の声を見てみました。

スポンサードリンク

日本はコロナワクチンはいつから接種可能?

まずはじめに、日本ではコロナワクチンがいつから接種可能なのかについてですが、

オンラインの読売新聞記事によりますと、

厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保に向けた工程表案をまとめた。18日に開かれた非公開の自治体向けオンライン説明会で提示した。
来年2月下旬にも一部の医療従事者に先行接種できる体制を整える計画で、高齢者の接種体制確保のめどは3月下旬とした。
案によると、最初は新型コロナ患者の治療に直接当たる医療従事者ら約1万人に先行接種し、2月下旬~3月上旬に接種体制を整える。
次に対象となる一般の医療従事者は、300万人程度を想定しており、準備は3月中に済ます。

 

とあります。

まずは、最前線で働いている医療従事者約1万人が2月下旬~3月上旬に接種が可能、その他の一般医療従事者は3月中に接種可能、その次は高齢者と続くようです。

日本政府は、ファイザー、アストラゼネカ、モデルナなど製薬会社3社と契約締結をし、1億4500万人分のコロナワクチンを確保している状態だといいます。

つまり、日本に住んでいる人全員(約1億2600万人)が接種することができる数ということになります。

ちなみにファイザーからは、来年6月末までに6000万人分のワクチン供給を受けることにしているといいます。

ということは、若い方や医療従事者以外の方も、6月末までには接種ができるということですかね。

 

副反応は未知数!医療従事者が実験台か?

はじめは「良かった~、ついに日本もコロナワクチンが打てるようになるのか。早く打って安心したいな」などと思っていたのですが、その後良からぬ情報がたくさん出てきたため、打つのが怖くなってきました。

普通ワクチンは、何年もの歳月をかけて繰り返し治験を行い、確実に安全だと立証されたものだけが認可されるはずですが、今回のコロナワクチンは状況が状況だけに、十分な治験が成されず本当に人体に悪影響がないか、ハッキリと分からない状態で認可、接種になるようなのです。

実際にイギリスやアメリカではアレルギー反応も出ているようです。

もちろん、ワクチン自体に副反応が出るのは珍しくないですし、ゼロにするのは難しいことは分かってるのですが、しかしほかのワクチンより確実に怖いのは言えるでしょう。

そのような未知のワクチンを、医療従事者から接種。言っていることはよく分かるのですが、しかし実験台に思えてなりません汗。

 

私は「一般医療従事者」に該当しますから、予定で行けば3月末までに接種することになりますが、努力接種とのことですので拒否しようかなと思っています。

https://twitter.com/mikici_36/status/1340282898637680640

 

それこそ、さまざまな面で優遇を受けていらっしゃる「特権階級」「上級国民」の方々(政界人)からどうぞ、、と言いたいですね。

高齢の方々が多いですし!

年が明けたら、あっという間に2月3月が来ますね。

どうしたら良いものかと悩むところです。

 

 

国民の反応は?

コロナワクチンに関しては、賛否両論あるかと思います。

 

 

 

人の考えはそれぞれですから、仕方ないことですよね。

しかし、本当に人体に悪影響がないのか、副反応が起こる率や程度は低いのかがハッキリしないうちは、私はやはり打ちたくはありません。

穿刺部位が多少腫れるだとか、熱感があるくらいの反応ならワケないですが、高熱やアナフィラキシーショックなどの重篤な症状が出るのは怖すぎますからね。

職場のスタッフにも意向を聞いてみようと思います。

本当に混沌した世の中になってしまいましたね。

早く元の日本、世界に戻りますように、、、

 

応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

⇒コロナって一体何なの?茶番劇や嘘だと言われる理由について

⇒看護師退職がトレンド入りに?コロナでナースの我慢がついに限界

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-からだ

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.