仕事内容 悩み

東京五輪に医療従事者は原則無償で活動せよと?開いた口が塞がらない

こんにちは、お疲れ様です。

さて今回は、「東京五輪に医療従事者は原則無償で活動せよと?開いた口が塞がらない」というテーマについてです。

 

今日、またしてもビックリ仰天な記事を見つけてしまいました。

なんでも、来年7月に開催予定の東京五輪(オリンピック&パラリンピック)に、医療従事者は原則無償で活動に協力せよというお達しが政府からあったようなんです。

開いた口が塞がらない、二度見するとはまさにこのことです。

今回は、記事の内容や世間の反応についてご紹介します。

東京五輪に医療従事者は原則無償で活動せよって本当?

本日出た記事で、東京五輪ではコロナ後も変わらず医療従事者は原則無償で活動することが判明しました。

 

記事の内容を一部抜粋しますと、

・東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は来夏、競技会場などに配置する医療従事者に対し、原則無償で活動してもらうことを明らかにした。

・延期前も無償が前提だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、医療界には困惑の声が広がる。総勢5000人超を集める計画は見通しが立たず、大会開催を揺るがしかねない状況だ。

・組織委の武藤敏郎事務総長「組織委からは報酬を出せない。財政的なゆとりがない」

・武藤氏は「国が配慮してくれる可能性がある」と含みを持たせたが、内閣官房の担当者は取材に「検討してない」と回答した。

 

とありました。

本当に開いた口が塞がりません。

自分たちが招いた結果なのに、「財政的なゆとりがない」とはよく言えたものです。

ならば、マスク配布に500億円以上も使ったり、GoTo予算に3000億円も使わずに、こういったことのために使えばよかったのではないですか。

医療従事者が無償でボランティアをするのであれば、政府の方々も無償で指揮をよろしくお願いいたします。

そうでなければ納得がいきませんし、その前に医療従事者誰も集まりませんよ汗

何をモットーにして無償で活動を!?

世の中金がすべてではない、それは十分分かりますし、困っている人のために動く使命のようなものも医療従事者には必要です。

しかし、今回のことは状況が違います。

理不尽すぎますし、今までの扱いを見ていても最前線の医療従事者の方々は不満の声をあげていますよね。

この過酷なコロナ禍のなか、必死で働いているのにボーナスはカットされ休みも返上、、

それなのに世間はGoTotoトラベルを使って旅行を楽しみ、それで万が一感染したら病院に受診する!?

考えただけで気の毒、可哀そうになります。

そのような理不尽な状態なんですから、最前線の医療従事者たちは絶対に東京五輪にはボランティアには参加しないでしょうし、私のような一般医療従事者も到底参加する人はほとんどいないでしょう。

医療従事者たちが東京五輪活動を皆拒否したとしたら、政府は一体どうするつもりなんでしょうね。

 

スポンサードリンク

世間の反応は?

今回の取り決めは、世間では案の定かなりの批判を招いているといわれています。

 

 

当たり前ですね。

医療従事者ではない方々も「おかしい!」と声をあげてくださっているので、ありがたい限りです。

日本の政治家の方々、本当に必要な部分に大切に税金を使ってください。

視点を間違えないでください。

医療従事者は、捨て駒ではありません。

どうかよろしくお願いします。

 

 

おわりに

いや~、これまでも散々驚いてきましたから、さすがにもうびっくりすることはないだろうと高をくくっていましたが、またもや仰天してしまいました。

政府の方々は、医療従事者を何だと思っているのでしょうね。

自分たちはコロナ前と変わらず高い給料をもらっているのに、なぜ「無償で」などと平気で言えるのでしょう。

私たちとは頭の構造が違うということでしょうか。

そういうことなのかもしれませんね。

最前線の医療従事者の方々が「もうやだ!」と言って爆発し、仕事をボイコットまたは大量に退職する日が来るような気がして怖いです。

実際に、どんどん退職者が出ているようですしね。

この国は一体どうなってしまうのか。

コロナをきっかけに色々なことが露呈することになった日本、今のところは不安しかありません。

立ち直るきっかけがあるといいですね。

<追記>

その後29日に出た記事によりますと、

東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策に関し、政府や大会組織委員会は、選手村や競技会場で活動する医師や看護師への手当や、派遣元である医療機関への協力金を支給する方針を固めた。当初は原則として無償で協力要請する計画だったが、コロナの感染拡大を受け、負担が増す医療現場や世論の理解を得るため方針転換。財政措置が不可欠と判断した。複数の大会関係者が28日、明らかにした。

とあり、協力金を支給することを決定したそうです。

批判が殺到してから慌てて方針を変えるのではなく、はじめからこのような判断をしてくだされば、国民の信頼は少しは得られたかもしれないですよね。。

 

応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

⇒看護師退職がトレンド入りに?コロナでナースの我慢がついに限界に

⇒コロナワクチンはいつから接種可能?医療従事者が実験台か

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-仕事内容, 悩み

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.