悩み

コロナワクチンを打ったあとにコロナ陽性?国民は何に頼ればいい?

こんにちは、お疲れ様です。

さて今回は、「コロナワクチンを打ったあとにコロナ陽性?国民は何に頼ればいい?」というテーマについてお話させていただきます。

 

アメリカでは一足先にコロナワクチンの接種が始まっているようですが、接種した約1週間後にコロナの陽性反応が出たことが明らかになりました。

またここ日本では、加速が止まらないコロナの猛威を受け、政府から年末年始は家族のみで過ごすよう呼びかけ、このままだと緊急事態宣言も視野に、、という発言がありました。

私たちは一体、いつまでこのような不自由を強いられなければならないのでしょうか。

そこには絶対的な問題があるはずです。

コロナワクチンを打ったあとにコロナ陽性?

アメリカのABCニュースによりますと、アメリカのカリフォルニア州南部のサンディエゴで、新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンを接種した男性看護師が、接種8日後の検査でコロナ陽性と判定されたと報じられました(現地時間で12月29日)。

 

コロナワクチンを打っても意味がない!と一瞬思ったのですが、専門家によりますと、コロナに対する予防効果が出るのは、ワクチン接種後10日~14日後ということが治験で分かっているため、今回のようなケースは想定内、異常の範疇ではないとのことです。

たしかに、インフルエンザワクチンの効果が表れるのは接種してから1か月はかかりますから、コロナワクチンの予防効果が10日~14日後に表れるのは、おかしいことではないですね。

よって、その男性看護師は気の毒ですが運が悪かったのでしょう。

しかも、ワクチンというのは「感染しないためのもの」というよりは、「たとえ感染しても軽症で済むようにするためのもの」ですので、たとえ接種してから14日以降にコロナにかかったとしても、それはそれでおかしな話ではないということになります。

しかしながら、コロナワクチンそのものが本当に安全かどうかについては定かではないので、それ自体を体内に入れることに関しては、個人的には強い抵抗感を持っています。

本来ならば、何年もかけて治験をして世に出すワクチンを、1年足らずで作って世に出すのですから。

自分が納得できるまで、もっとしっかりと調べる必要がありそうです。

⇒コロナワクチンはいつから接種可能?医療従事者が実験台か

 

一体日本国民は何に頼ればいいのか?

そんななか、ここ日本では12月30日、西村経済再生担当相が「このまま感染拡大が続けば、緊急事態宣言も視野に」という旨の発言をしたことが明らかになりました。

また、この年末年始は家族のみで過ごすように、挨拶は玄関先のみにして家には上がらないようになどという発言もしました。

怖いです。

何が怖いって、今まで散々「GoTo,GoTo」と言って国民を旅行や飲食店に行かせ、それなのに感染被害が甚大になってきたら「大変なことになってきた」「年末年始は家族だけで」だなんて。

GoToキャンペーンを始める前からこうなることは私にだって想像ができたのに、このような見切り発車的な対策をしていたら、国民はいつまでもたっても帰省はできませんし、この状況はずっと続くでしょう。

我が家の実家は遠方なので、このままずっと帰省できない気がして悲しいです。

長期休みのときにしか帰省できない家族だっているし、親が元気なうちに会いに行きたいのに。。

 

 

ドイツやアメリカでは、国民のために現金が何回も給付されています。

日本は10万円とマスクのみで、ほかの負担は増すばかり。。。

ちなみに私の親は、いまだにマスクが届かないと言っていました汗

もう何に頼ればいいのか本当に分かりません。

自分の身は自分で守る、この言葉がより一層身に沁みます。

 

 

おわりに

万が一、緊急事態宣言が再度発令されるようなことになれば、今度こそ日本の経済や教育機関はとんでもないことになることは、安易に想像ができます。

台湾やニュージーランドは早い段階からしっかりと対策をし、ロックダウンも中途半端にしないで効率よく行った結果、現在は感染拡大も下火になり経済も上向きになっているといいます。

大きな差ができてしまいましたね。

2021年、日本や世界はコロナに打ち勝つことができるのでしょうか。

 

応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

⇒看護師退職がトレンド入りに?コロナでナースの我慢がついに限界に

⇒コロナって一体何なの?茶番劇や嘘だと言われる理由について

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-悩み

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.