世の中について

森喜朗会長の女性蔑視発言を二階幹事長は擁護!?ボランティア続々辞退

こんにちは、お疲れ様です。

さて今回はですね、「森喜朗会長の女性蔑視発言を二階幹事長は擁護!?ボランティア続々辞退」というテーマについてお話させていただきます。

スポンサードリンク

森喜朗会長の女性蔑視発言を二階幹事長は擁護!?

東京五輪・パラリンピック組織委員会会長であり元内閣総理大臣の森喜朗会長は、2月3日に開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、「女性蔑視発言」をしたとして大炎上状態となっています。

発言内容を知らない方のために書きますと、森会長は

「女性理事を4割というのは文科省がうるさく言うんですね。だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」

と発言。そして、

「女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね」

「あまり言うと(中略)俺がまた(女性の)悪口言ったとなるけど、女性を(中略)増やしていく場合は、発言の時間をある程度規制をしておかないとなかなか終わらないから困る。(中略)誰が言ったかは言いませんけど、そんなこともあります」

「私どもの組織委員会にも、女性は(中略)7人くらいおられますが(中略)みんな競技団体からのご出身で国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。ですからお話もきちんとした的を射て、(中略)非常にわれわれに役立っていますが、欠員があるとすぐ女性を選ぼうということになるわけです」

などという発言をしました。

森会長はこれまでにも、数えきれないくらいの失言を繰り返していらっしゃいますから、たまたまうっかり口を滑らしたというわけでもなさそうですね。

やはり本心からの発言ということでしょうか。

私は女性なので、何とも言えない気持ちになりましたよ。

 

二階幹事長は擁護!?ボランティア続々辞退

東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は8日、森喜朗会長の女性蔑視発言があった翌日から8日正午までの5日間で、約390人のボランティアが辞退したと発表しました。

これを受け、自民党の二階俊博幹事長は記者会見で、

「瞬間的に皆さんは"協力できない"とおっしゃったと思う」

「お辞めになりたいなら、また募集する」

と述べました。

また、森会長の辞任を求める声が強まっていることに関しては、

「周囲の期待に応えてしっかりやっていただきたい」

と語り、辞任の必要はないとの考えを示しました。

 

390人ものボランティアさんが辞退されたのですね。

ただでさえ以前も、「医療従事者は無償でオリンピックボランティアを」と言っており、それでいて自分たちオリンピック委員会はたんまりお金を貰うようでしたから、批判がすごかったのに。

無償というのは撤回したようですが、それでもやっと集まったボランティアさんがこんなにも辞退されて、新しい人は集まるのでしょうかね。

スポンサードリンク

以前働いていた職場のワンマンオーナーを思い出した

二階幹事長の「お辞めになりたいなら、また募集する」というを聞いて、以前働いていた職場のワンマンオーナーを思い出しました。

その人はいわゆるその系列のトップの人だったのですが、新しい施設の内覧会の際、集まったスタッフに対して

「看護師や介護士なんていくらでもいる。だから辞めていきたい奴は辞めていけばいい。代わりはいくらでもいる」

と言い放ちました。

二階氏の発言は、言葉自体は丁寧ですが結局のところそういうことが言いたいんだろうなと思いましたよ。

順調にまた集まるといいですがね。

私はその職場は、結局嫌気がさして辞めましたがね^^;

スタッフを大事にしない会社(病院)は、ろくなところではありません。

 

オリンピックもどうなってしまうのでしょうか。

二階幹事長は、またGoToを再開するとか何とか言っていたようですし、そんなことをしていたらずっと収束しない気がしているのですが、どうでしょうかね。

オリンピックまであと5か月。

今後の情報が気になるところです。

 

応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

⇒コロナワクチンは努力義務!打つべきか否かもう一度考えてみた

⇒看護師退職がトレンド入りに?コロナでナースの我慢がついに限界に

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-世の中について

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.