仕事内容 体験談

夜勤看護師の人数配置は過酷?2交代3交代の意外な盲点!

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「夜勤看護師の人数配置は過酷?2交代3交代の意外な盲点!」についてお話したいと思います。

 

看護師の仕事はただでさえハードなのに、そこに夜勤もプラスされると本当に体力を奪われますよね。

しかも、看護師夜勤の人数配置は必要最低限の人数のみですから、なにかトラブルがあったときにはかなりの多忙を極めます。

しかし、一見ハードに思われる夜勤の仕事にも、じつはメリットがあるんですよ。

また、一言に「夜勤」と言っても、2交代か3交代によってもかなりの違いがあります。

そこで今回は、夜勤看護師の人数配置や2交代3交代のメリット・デメリット、意外な盲点についてお伝えしたいと思います。

夜勤看護師の人数配置は?

夜勤看護師は、通常必要最低限のスタッフのみが配置されていますから、かなり少ない人数と言えます。

一般病棟は、約40床で看護師4人だそうですが、実際には4人も看護師を配置していないところが多いかと思います。

病院の大きさにもよるとは思いますが、1病棟にせいぜい2人~3人ではないでしょうか。

小規模な病院や施設ですと、夜勤看護師は1人という場合もあります。

私はわりと大きめな急性期の病棟で夜勤をしていた時は、夜勤看護師は2人でした。

しかし、1人が新人看護師だったりなにか事情があるときは(妊婦さんなど)、3人体制の時もありましたよ。

3人体制ですと1人がリーダー的な役割をして動く形になりますので、とても心強かったですし、仕事も分担できたので心身の負担んも半減した記憶があります。

とはいえ、そのときの看護師にもよりますがね^^;

テキパキ動いてくれる看護師や仲のいい看護師と一緒になった時はラッキーでしたが、怖いお局さんや仕事を全然しない看護師と一緒になったときには、3人体制でも逆に疲れました(>_<)

 

また、小さめの慢性期病棟の夜勤では、看護師は2人体制でした。

バタバタはしていませんでしたが、患者さんの人数が多かったためだと思われます。

しかし知り合いの看護師が夜勤をしている病院では、そこそこ患者さんが多いのに夜勤看護師は1人だと言っていました(>_<)

なにかトラブルがあったときには、介護士さんの手も借りながら大騒動だと言っていましたよ汗

看護師の夜勤2交代のメリットデメリット

看護師夜勤の2交代制とは、基本的に16時間の勤務とされており、16:30~翌9:00までの勤務時間が多いようですね。

ちなみに日勤は、8:30~17:30までが多いようです。

私が2交代で夜勤をしていた時も同じ勤務時間で、夜勤中病棟が落ち着いていれば、途中で仮眠(休憩)が取れました。

とはいえ、私は全くと言っていいほど眠れませんでしたが^^;

以下に、2交代制夜勤のメリットデメリットを挙げます。

<2交代制のメリット>

・夜勤手当が高い場合が多い。

・夜勤明けの次の日が休みの日が多く、比較的休みや連休を取りやすい。

・病院や施設が落ち着いていれば、休憩時間が長く取れる。

<2交代制のデメリット>

・勤務時間が長いため、疲れや眠気で集中力が散漫する。

・拘束時間が長いため、心身ともに疲れる。

・生活が不規則になる。体内時計が狂ってくる。

 

などがあります。

私も実際に2交代の夜勤をしていたときは、寝なくてはいけないときにまったく眠れなかったり、起きたら昼か夜か分からず焦ったり、変な時間にお腹が減ったりなど、かなり体内時計が狂っており、相当体に負担をかけていたように思います。

それでも、働いているうちに順応してくるんですけどね。

慣れるまでがとくに大変でした。

看護師夜勤3交代のメリットデメリット

看護師夜勤3交代の場合は、日勤にプラスして「準夜勤」と「深夜勤」の3つに分けられ、基本的に準夜勤は16:30~0:30、深夜勤は0:00~9:00という勤務時間が多いようです。

私は3交代の経験はないんですが、知り合いの看護師は3交代を経験していましたので、その話をもとにメリットデメリットを挙げてみました。

<3交代制のメリット>

・2交代制より勤務時間が短いため、集中力が保てる。

・拘束時間が短いため、心身の負担が少ない。

<3交代制のデメリット>

・2交代制より、さらに生活が不規則になる。

・場合によっては、朝帰ってきてまたその日の夜に出勤など、十分に休養ができない。

・シフトが複雑に組まれることになるので、休みや連休が取りにくい。

・常に仕事が頭から離れない。

 

などがあるようです。

たしかに、3交代ですと夜中に帰ってきたり深夜に出勤したりと、かなり不規則な生活を強いられることになりますよね。

私の知り合いの看護師はシングルマザーで、給料がいいからと3交代の勤務をしていましたが、準夜勤や深夜勤の日は子供たちを実家に預けて働きに行っていました。

実家が近かったり、子供たちが大きければ留守番させられますから3交代勤務も可能かもしれませんが、そうではない子持ち主婦にとっては、ちょっと厳しい勤務かもしれませんね。

看護師夜勤の意外な盲点とは!?

夜勤って聞くと、それだけでハードで大変だと思われがちですが、意外なことに日勤のみの常勤よりも、夜勤もやっている常勤の方が楽な場合もあるんですよ。

人によって感じ方は様々だと思うので、あくまでも私の経験で言わせていただきますが、私は妊娠6ヶ月まで夜勤もやっておりました。

しかしお腹も頻回に張るようになり、夜勤中何かあったら相手の看護師に申し訳ないということもあり、日勤常勤にしてもらったんです。

ところが現実は・・・

日勤常勤の方がしんどかった(>_<)

と言いますのも、日勤は清拭やオムツ交換はもちろん、処置や検査出し・介助、入院の受け入れやら退院手続き、転棟の受け入れなど・・やることがめちゃくちゃ多い!

それが週5ですから、正直へとへとになりました。

夜勤があれば(2交代の場合)、夜勤明けの日は午前中には家に帰れるので、その後は寝ようが遊びに行こうが自由時間です。

夜勤入りの日も夕方までは自由時間ですからね。

しかも夜勤中も、急変などがあった日はバタつきますが、そうでなければ比較的穏やかに過ごせます。

もちろん、急性期病棟や救命救急ではそうはいかないですがね。

夜勤=日勤よりキツイとは言い切れないんだと、身をもって痛感いたしました(>_<)

夜勤看護師は人数配置と仕事内容のバランスが大事

夜勤に介護士も配置されているか?

療養型病院の場合、急患などはなく業務内容もルーティンワークがほとんどですから、一見楽そうに思うのですが、しかし療養型病院の場合はオムツ交換や体位変換など、肉体労働が多い場合があります。

これを一晩中看護師だけで行うとなるとかなりきついのですが、介護士が夜勤に配置されていますと、それらの業務はたいてい介護士さんが行ってくれますので、看護師の負担がかなり違ってきます。

ですので、夜勤看護師は人数配置はもちろんのこと、その他の業種の夜勤配置や仕事内容も同時に考える必要があるといえます。

自分はどんな人数配置と仕事内容だったら充実できるのか考える

人によって理想の夜勤風景は様々だと思います。

あなたが理想とする夜勤は、どんな風景ですか?

「心細いのはイヤだ」

「重労働は勘弁」

「人数はなるべく多い方がいいな」

など、理想はいろいろあると思いますので、それらをイメージしながら働き方を考えていくと、あなたにピッタリな職場が見つかると思いますよ。


おわりに

いかがでしたか?

看護師の夜勤は2交代勤務か3交代勤務かによって全然違いますし、また意外な盲点である「日勤常勤は夜勤より大変」ということも、良かったら参考になさってみてください。

それなら、夜勤専属はどんなかんじなの?と思われる方もいるかもしれませんね。

それについては、また近々お伝えしたいと思います。

自分の体と相談して、無理のない範囲で夜勤をご検討してみてくださいね。

 

応援よろしくお願いします↓↓

看護師ランキング

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-仕事内容, 体験談

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.