仕事内容 体験談

夜勤看護師は仮眠できる?何をしてるのか急性期と慢性期病棟の違い

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「夜勤看護師は仮眠できる?何をしてるのか急性期と慢性期病棟の違い」についてお話したいと思います。

 

私は、現在はパート勤務を週3位しておりまして、ゆるゆると働かせていただいているんですが、子供を出産するまでは常勤で夜勤もしておりました。

それぞれ2つの病院の夜勤を経験したんですが、1つは急性期病棟、もう1つは療養型の慢性期病棟でした。(どちらも2交代制)

夜勤をやっている頃よく聞かれたのが、「夜勤のあいだ何やってるの?」といった内容です。

たしかに、16時間ずっと働いているわけではないですし、知らない人にとっては疑問に思うかもしれないですね。

そこで今回は、夜勤のあいだ何をしているのか、また夜勤中の仮眠について、急性期病棟と慢性期病棟に分けてお話したいと思います。

【急性期病棟の夜勤看護師は何をしている?】

はじめに言っておきますが、夜勤のスタイルは病院によって様々ですので、こんな病院もあるのね・・くらいに思っていただけたらありがたいです。

私が働いていた急性期病棟は、主に術前・術後の患者さんが入院されていました。

術後はとくに、痛みがひどかったり気分が悪いなどの訴えがありますので、ナースコールはけっこう多かったように思います。

夜勤中は2時間ごとのラウンド(見回り→状態チェックのほか、点滴や酸素、呼吸器チェック、必要なら吸引など)のほかに、内服薬のチェックや点滴を詰めたり、明け方に尿パック内の尿を集めて破棄したり点滴の残量チェック、採血など。

 

文字だけで見ると、たいしたことしてないですね^^;

私が急性期病棟で夜勤をしていたときに、仰天したトラブルが2つあるんですが、1つは気切から呼吸器をしていた患者さんが、気切カニューレごと自己抜去してしまったこと。

たまたま奥様が付き添いで寝ていて、異変に気が付いてコールをしてくれたから最悪の事態は避けられましたが・・。

2つ目は、立ち歩ける軽い認知症の患者さんが、中心静脈カテーテルがつながっているのにウロウロと立ち歩き、私が訪室したときには中心静脈カテーテルの接続部が外れ、血液が逆流して床が血液だらけになっていました。

幸い抜針まではされておらず、接続部が外れただけだったので入れ替えは免れたものの、しかし血液が固まりかけていてルートがやばい状況になっていました。

アタフタした私は急いで先輩を呼び、先輩に「ヘパリン流しなさい!」と言われて、急いでルート内にヘパリンを流したら何とか通りました。

しかし、床は血液だらけだし患者さんは気分が悪いようで顔面蒼白な顔してフーフー言っているし(>_<)

そのあと私が先輩に叱られたのはいうまでもありません(汗)。

ここまでひどい事は頻回にはないにしろ、急性期病棟ですと何かとあわただしくコールも多めなので、本当は休憩(仮眠時間)が1時間半くらいあったとは思うんですが、なにしろずっと緊張もしているし途中でヘルプで呼ばれることもあったので、ゆったりと休憩を取るなんてことはできませんでしたね。

しかし、思いのほかコールも少なく、トラブルもなくて落ち着いている日には、詰所で座って談笑できるときもありましたよ。

 

【慢性期病棟の夜勤看護師は何をしている?】

私が働いていた療養型の慢性期病棟は8~9割が寝たきりの患者さんで、持続的な点滴をしている方が多かったり、経管栄養の方もたくさんいるような病棟でした。

慢性期病棟の場合ですと、飛び入りの急な処置などはまずなくて、流れとしてはルーティン的なかんじでした。

が!

慢性期病棟はお年寄りが多かったので、点滴がもれやすいんです(汗)。

お年寄りの血管はビックリするくらい弾力がなくて、ペチャペチャです。

そして、細くてもろい。

なので、ラウンドで点滴チェックをすると、たいてい何人かはもれていたりします。

懐中電灯の明かりや枕灯の明かりを頼りに、悪戦苦闘して入れなおしたことが何回もありました^^;

また、お年寄りだとやはり急変が多いですね。

私は慢性期病棟にいたとき、エンゼルケアを数えきれないくらい行いました。

夜勤中ですと看護師が2人くらいしかいませんでしたので、急変者が出るとかなりバタつきます。

しかし落ち着いているときは、「あとは何をしよう」というくらい落ち着いており、持ち寄ったお菓子を食べながら談笑したり、休憩をしっかり取ったりしていましたよ。

そう思うと、精神的には慢性期病棟の方が気が楽でしたね。

⇒夜勤明けのご飯 おすすめは過ごし方によって違います。

 

夜勤看護師は仮眠がどれくらいできるのか?

日本看護協会では、「16時間夜勤などの場合、2~3時間の休憩時間が望ましい」との見解を示していることもあり、多くの2交代制を採用している病院では、夜勤中の2時間ほどの時間を「仮眠時間」として設定しているところが多いようです。

しかし現状は、やはり病院によって大きく違ってくると思われます。

実際、私が働いていた急性期病棟の夜勤では2時間もの仮眠時間などもらったことはなく、1時間半程度休めたらいいほうでした。

また慢性病棟ですと、急変があるないで大きく変わるのですが、たいていは1時間半~2時間くらい仮眠時間がありましたね。

3時間も休憩時間が確保できる病院なんて、あるのでしょうか?

きっと探せばあるんでしょうね!

 

 

【おわりに】

夜勤看護師が仮眠できるかどうかは、その病院によって大きく違うことが予想されます。

また、急変やトラブルがある日と無い日とでも、大きく違ってくることがいえますね。

あれって不思議なもので、トラブルが多い日ってほんと重なるんですよ。

何もかもうまくいかない日ってあるじゃないですか。

そんな日は要注意です^^;

こればっかりは、その時の自分の運かもしれませんが。

また、夜勤が楽しい!!といって、夜勤専従になった知り合い看護師もいましたよ。

その方が、遊びの予定が立てやすいんですって。

どんな働き方が自分に合うかは、いろいろ経験してみないと分からないですからね。

あなたに一番合った働き方で、看護師生活を楽しんでくださいね!

 

↓↓応援していただけたらテンション上がります!

看護師ランキング

 

⇒夜勤専従看護師の夜勤回数は?給料やメリットも気になる!

⇒夜勤看護師の人数配置は過酷?2交代3交代の意外な盲点!

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-仕事内容, 体験談

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.