体験談

看護師のコミュニケーション能力を高めるには?高齢患者と打ち解ける

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「看護師のコミュニケーション能力を高めるには?高齢患者と打ち解ける」というテーマについてお話させていただきます。

 

看護学生を経ていざ社会に出てみると、いかに自分にコミュニケーション能力がないかということを、痛感させられる場面が多々ありませんか?

とくに看護師の仕事は、そのほとんどが人と接する仕事内容ですので、余計に感じますよね。

私はもともと人の顔色をうかがってしまうタイプでしたし、話を盛り上げようとすればするほど空回りしてしまう人間でした^^;

ですので、とくに世代の違う高齢の方と話が弾むわけなどなく、看護師として働き始めてしばらくは本当に苦痛でした。

 

そんな私が、看護師の資格を取って20数年たった今では、高齢の方はもちろんのこと、老若男女問わず容易にコミュニケーションを図れるようになりましたよ。

今になって思うことは、点滴などの技術もさることながら、やはりコミュニケーション能力は看護師にとって大変重要だと思います。

そこで今回は、高齢者とのコミュニケーション能力を上げるためにはどうしたらいいのか、実際に私が行ったことも交えながらお話したいと思います。

【コミュニケーション能力が高い人の特徴は?】

コミュニケーション能力が高い人の特徴とは、どのようなものを指すのでしょうか。

それは以下のことが挙げられます。

雰囲気が明るい

雰囲気が明るい人は、周りの空気すらも明るくする特徴を持っています。

そういう人のところへは、自然と人も集まってきますよね。

雰囲気を明るくするには、まずは「自然な笑顔」が非常に大事です。

ニコニコと陽だまりのような笑顔を作るように心がけましょう。

相槌が上手い、人の話も聞く

コミュニケーション能力が高い人は、自分の話ばかりするのではなく、相手にも話せる機会を上手く作り、相槌を打ちながら熱心に聞く態度も兼ね備えています。

コミュニケーションというのは、自分と相手との会話のキャッチボールでもありますから、自分の話ばかりして相手の話を聞かないというのは、コミュニケーション能力が高いとは言えませんね。

相手によって態度をコロコロ変えない

人間ですので、多少態度が変わってしまうのは仕方ありませんが、相手によってあからさまに態度が変わるのはよろしくありません。敵を作りやすい人ですね。

コミュニケーション能力が高い人は、どんな相手にでも肯定的に接することができます。

相手を否定しない、同調したり褒める

よく会話に、「でも」「だって」「そうじゃなくて」「違う違う」などと、否定的な言葉を使う人がいますが、相手からすればいい気はしません。

過去の知り合いに、まさにそういうタイプの人がいたのですが、私が言うことのほとんどを「違う」や「そうじゃなくて」と言われ、とても不快に感じた経験があります。

話の内容によっては、ときには否定的な言葉を使わなくてはいけない時もあるかとは思いますが、一般的な日常会話においては相手を否定しない会話を心がけるようにするといいと思います。

良い気分にさせてくれる相手とは、また話がしたいと思いますからね。

 

スポンサードリンク

【看護師のコミュニケーション能力を高め、高齢患者と打ち解けるには?】

思い返してみますと、私は20数年の看護師経験のなかで高齢者と接した機会が圧倒的に多いんです。

そこで、実際にどうやってコミュニケーション能力の向上を図っていったのかを、お教えしますね。

①まずは聞き上手になり、同調すること

高齢者、お年寄りは人生の大先輩です。

体の機能が衰えていようが病気を抱えていようが、大先輩ということに変わりありませんので、そのことを念頭に置いて敬いながら話を聞くようにしましょう。

そうすると誠意が伝わるのか、たいていの方は自分からどんどん話をしてきてくださいます。

タイミングのいいところで相槌を打ちながら、「すごいですね!」「そうだったんですか!」「びっくりです!」など、まずは一言でもいいので相手を盛り上げるフレーズの言葉を言いましょう。

人間は、すごいと思われたり褒められたりするとやはり嬉しいものです。

何十年と頑張ってこられた高齢者の方々は、素晴らしいヒストリーを山ほどお持ちです。

目をイキイキとさせながら話を聞き、相手に同調して「素晴らしい!」という気持ちを表現することで、高齢者の方々は「またあなたに話を聞いてもらいたい」と思うはずです。

自分が饒舌になる前に、相手の心に一歩近づく・・これがまずは大事かと思います。

②話すときは必ず敬語で、しかしユーモアも必要

先ほども言いましたが、お年寄りは人生の大先輩ですから、どんなにくだけた会話であっても、必ず敬語だけは使うようにしました。

看護師の中には、平気でタメ語で会話している人もいましたよ。

しかし、世代から考えて高齢者の方々は、厳しい社会を生き抜いてきた方たちですので、上下関係もさぞかし厳しかったはずです。

ですから、タメ語で話してくる看護師を内心はよく思わない方たちがいると思われますので、最低限のマナーとして敬語は使った方がいいと思います。

 

とはいえ、あまりにも堅苦しい会話ですと、ぎこちないし盛り上がらないですよね^^;

なので私は、敬語を使いつつも時々冗談を交えたりツッコミを入れたりして、盛り上げる努力をしました。

ツッコミや冗談は、漫才やコントを見ると大変参考になりますよ。

お笑い芸人さんは頭の回転が速い!切り返しや「間」など、見ていると本当に勉強になります。

しかし1つ注意していただきたいのが、相手を傷つける冗談やツッコミはしないように気を付けてください。

高齢者の方たちはプライドが高い方が多いので、せっかくそれまで打ち解けていたとしても、一気に機嫌を損ねてしまうこともあるからです。

おすすめは、自虐ネタです。

自分のことを自虐的に、しかも面白おかしく話すと、相手も笑顔になってくれるはずです。

まちがっても、暗いトーンでは話さないでくださいね。

③何はなくとも笑顔で接する

「笑顔で接する」、これはもう当たり前ですよね。

笑っている人と笑ってない人、どっちかに話しかけろって言われたら、私はやっぱり笑っている人を選びます。

「話しやすい雰囲気」も、コミュニケーション能力を上げるには大事なことだと思います。場の雰囲気って重要ですからね。

ただ単に饒舌になるだけなら、ロボットでもできますから。

昔、一緒に働いていた同僚にまったく笑わない人がいたんですが、やはり思うようにコミュニケーションが取れていませんでした。

能面のような顔で来られたら、相手も身構えちゃいますからね。

 

私は良く言えば「怖くない顔」、悪く言えば「締まりのない顔」をしていて、笑うと余計締まりがない顔になるので、高齢者の方々には「あんたが来るとホッとする」「あんたにしか頼めんわ」などとよく言ってもらえました。

お互い気分が良くなって歩み寄ることができれば、自然と話も弾んでいくと思いますよ。

⇒人見知りの克服方法6つを伝授!これで私は克服しました。

しかし、笑ってはいけないような状況の時は、当たり前ですが笑わないように気を付けましょう。

 

 

【おわりに】

初めて関わる人と話すのは、本当に勇気がいりますよね。

さらに世代の違う高齢者の方となると、どんな会話でもって関わって良いのか見当もつかず焦ってしまいます。

私も昔は本当に怖かったですし、苦労しました。

しかし、看護の技術もそうですが、やはり経験を重ねていくとコミュニケーションのコツも掴んできますし、新人看護師の頃より絶対に慣れてくるものです。

自分はコミュニケーションをとるのが苦手だから・・とはじめから諦めるのではなく、何事も経験だと思って飛び込んでいくと、自然と慣れていくと思いますよ。

また、何はなくとも「愛想」はとっても大事ですので、うまく言葉がでないうちは、せめて笑顔だけでも作ってみてくださいね。

あなたの雰囲気が変われば、相手の反応も変わっていきます。

ぼちぼち頑張っていきましょう!

 

↓↓応援していただけたらテンション上がりますm(__)m

看護師ランキング

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-体験談

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.