体験談 転職

40代看護師の転職先失敗談!成功する秘訣は意外にも単純なことだった

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「40代看護師の転職先失敗談!成功する秘訣は意外にも単純なことだった」についてお話したいと思います。。

 

看護師の仕事は体力もさることながら、精神的にも神経が磨り減る仕事ですよね。

よって、転職率が高い業種とも言われています。

 

しかし看護師の免許さえあれば、いろいろな場所に看護師の需要はあるわけですから、あなたにとって一番だと思える職場に出会えるといいですね。

私はこれまで、何回か転職をした経験があるのですが、そのうち何回かは失敗しました。

入念に下調べをしなかった自分が悪いのですが、本当にあの時は後悔しましたね。

そこで今回は、40代看護師の私が「サービス付き高齢者向け住宅」通称「サ高住」に転職を決めた時の失敗談と、それによって学んだ注意点や教訓などをお話したいと思います。

【40代看護師の転職先失敗談!サ高住の驚くべき落とし穴】

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは、主に民間事業者が運営する賃貸住宅で、60才以上の高齢者、または要介護認定を受けた60才未満の方を対象としている入居施設です。

基本的には、「まだ介護の必要のない、比較的元気な高齢者のための施設」であるため、義務付けられているものは

・安否確認サービス

・生活相談サービス

この2点だけです。

 

有料老人ホームが要介護度の高い方を受け入れているのに対して、サ高住は比較的元気な方が多いということがいえます。

しかし!!!

最近では、有料老人ホームと変わらないくらい介護や援助を要する施設が増えてきており、事前にくわしく調べることが必要になってきました。

私はそのことに対して、まったくの確認不足のままサ高住に転職を決めてしまい、とんでもなくずさんな現状を見ることになってしまったのです。

サ高住は比較的元気な方が多いと聞いているから、介護や医療的ケアはほとんどないだろうと思い込んでいたんですが、いざ働き始めてびっくり!

インシュリンの注射を定期的に打つ方がいたり酸素をしている方、バルーン(排尿の管)が入っている方、褥瘡のある方、誤嚥が著明で吸引が必要な方、完全な寝たきり状態で全介助の方・・・

「サ高住」とは名ばかりで、他の施設と何ら変わりない現状がそこにはありました。

しかも、入職して3週間目くらいからは、その日の看護師は私だけという日がほとんど毎回(゚д゚)!

私が40代で、見た目はベテラン看護師に見えたので大丈夫だと思われたのでしょう。

大丈夫なわけありません!!Σ(゚Д゚)

本当に不安で心細かったです。

病棟ならほかに看護師がたくさんいますから、分からないことがあってもすぐに聞けますし、急変などがあったら色々と助けてもらえます。

クリニックでも、さすがに看護師1人ということはないでしょう。

よっぽど患者さんが来ないのなら別ですが。

 

出勤の日は、医療ケアをすべて1人で行い、全員(30名弱)の血圧と体温を測り、全介助の方も何人かいましたので、オムツ交換や車いす移動を手伝い、さらには厨房の手伝いまで。

正直、時間がまったく足りませんし、40代には体力的に無理がありました^^;

介護士さんもいましたが、人件費の削減なのか知りませんが、いても1人か2人くらいだったので、オムツ交換などは手伝うしかないような状況でした。

しかも、オムツ交換のやり方を聞いて愕然。

おしもはロクに拭かず、ほんとにオムツを交換するのみなんです(゚Д゚;)

「自由で快適な暮らし」とは程遠い現実が、そこにはありました。

 

【40代看護師が転職に成功するための秘訣とは?】

私が転職先を失敗してしまった最大の原因は、「十分な下調べと見学を怠ったこと」にあります。

サ高住のことをあまり知らなかった私は、ネットで大まかなことだけを調べて、分かったつもりでいたんですよね。

また、一度施設見学に行っていろいろ見たり聞いたりすれば良かったんですが、それをすっ飛ばして面接依頼をしてしまったんです( ;∀;)

その結果、とんでもないブラックな職場に勤務することとなってしまいました。

したがって、事前の下調べと見学は何より重要です。

新しい職場を決めるにあたり、情報収集の重要性を改めて痛感した出来事でしたね。

あなたは私のような失敗はなさらず、賢く転職先を見つけてくださいね。

 

40代看護師が転職するときに気を付けたいことは他にある?

40代看護師というと、一般的にはベテランの域ですから、経験年数を考慮して給料を高く設定してくれるところもありますよね。

看護師の資格を取ってからずっと働いていたとすると、看護師歴は20年以上にもなりますから、給料面で優遇してもらえるのも分かる気がします。

しかし、病院や施設によっては、例えば「経験10年までは経験年数によって給料を加算するが、10年以降は一律」というところが多いんです。

ですので、もしかしたら前職場よりも給料が下がる恐れはあります。

それでも良いのかどうかを考え、「いや、絶対に優遇してもらえる給料の高いところがいい!」という場合には、転職サイトに無料登録をしておいて、入念に情報収集をおこなうという手も有力ですよ。

 

 

【おわりに】

「サ高住」を転職先の候補に入れている看護師さんは多いかと思います。

しかし、最近のサ高住は多様化してきているため、判断を誤るとドツボにハマる恐れがありますので、とにかく調べつくして、必ず見学にも行ってくださいね!

素晴らしい「サ高住」ももちろんあると思いますので、理想の職場に出会えることを願っております。

実際、知り合いの看護師は快適な「サ高住」の職場に出会え、忙しいながらも楽しく仕事をしていますよ。

私も今では、笑い話として良い思い出?になりましたので、この体験をお話しすることで、少しでもあなたの今後にお役に立てれば幸いです。

 

↓↓応援よろしくお願いしますm(__)m

看護師ランキング

⇒看護師が転職を繰り返す3大理由とは?あなたは当てはまる!?

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-体験談, 転職

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.