仕事内容 体験談

保育園看護師のやりがいって?楽かきついか意外な注意点を教えます!

看護師が働く分野の1つとして、保育園の看護スタッフとして働くというものがあります。

元気いっぱいな子供たちと過ごす毎日は、活気があってやりがいがありそう!

看護師の仕事内容といえば、園児の健康チェックや怪我の手当などが思い浮かびますが、働く際のメリットやデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

私の元同僚で、保育園に就職した看護師がいます。

その同僚にいろいろ話を聞きましたので、今回は保育園で働く看護師のやりがいや、メリットデメリットについてお話したいと思います。

 

【保育園看護師のメリットとは?】

看護師が保育園で働く際のメリットについて、元同僚から話を聞いたので以下に挙げてみました。

子供たちがかわいい

子供たちのパワーに圧倒されることもあるようですが、その同僚は未就園児クラスのヘルプとして入ったこともあり、子供たちがとてもかわいいと言っていました。

子供が好きな看護師なら、とても働き甲斐のある職場のようですね。

保育園によっては、看護師はヘルプに入らないこともあるようなので、事前にしっかりと調べておく必要があります。

休みが規則的

保育園看護師は、平日のみの出勤で、保育園が休みの時は仕事も休みです。

つまり、カレンダーの日付が赤い日は休みだったので、事前に分かっている分予定も立てやすく、その点はストレスがなかったそうです。

病棟や入居施設ですと、休みも不規則でおまけに希望が通りにくいですからね。

休みが事前に分かっていて、なおかつ規則的なら家族との時間も多く持てますね。

医療行為がほとんどない

保育園で行えることといったら、傷の手当てや急病の際の最低限の処置くらいなので、難しい医療行為を行うことはまずありません。

ですので、医療行為が少ない職場を希望している方にとっては、向いているといえます。

 

【保育園看護師のデメリットとは?】

では逆に、看護師が保育園で働く際のデメリットといったら、どんなことがあるのでしょうか。

スポンサードリンク

①看護師の人数が少ないので判断力を要す

多くの保育園の場合、看護師は1人なんだそうです。

どんなに多くても2人でしょうか。

ですので、園児が体調を崩したり怪我をした場合、どんな対応をすべきなのかを1人で判断し、行動する必要があります。

そのため、ある程度の経験と知識を持っていないと、その時になってかなり焦ってしまうということもあり得ます。

一見、医療行為が少ないので安気だと思われがちですが、こういったところでプレッシャーを感じる場合がありそうですね。

場合によっては時間に帰れないときもある

病院に連れて行かなければならないくらいの怪我や病気の場合、たいていは看護師が付き添いをします。

そして、受診内容を保護者さんに説明して任務終了になるわけなんですが、この受診時間によっては、時間で帰れないケースも出てくるといいます。

「時間なんで帰ります」なんて言えませんしね。

ですので、場合によっては時間で帰れないことも念頭に入れておく必要があります。

体力がいる

保育園によっても違うかもしれませんが、看護師も園児と一緒になって遊ぶことがあるそうです。

何と言っても、子供は疲れ知らず!

一緒のテンションで遊ぼうと思ったら、けっこう大変です。

体力作りが必要になってきそうです。

保育士との関係性によっては苦痛を強いられる

根本的に、保育士さんと看護師はまったく違う職業ですので、病院や施設で働いていたときの同僚看護師とは、当然ながら反応が違うそうです。

 

たとえば、看護師は感染対策についてかなり神経質ですので、病院や施設で徹底して行っていたことを保育園で伝えても、煮え切らない反応が返ってきただけで実行に移してもらえず、やきもきしたと元同僚は話してました。

また、そうかと思えば、ありとあらゆる病気のことを聞いてきて、少しでも分からない反応をすると、「看護師さんなのに分からないの?」と言われたこともあったそうで^^;

看護師あるあるだと思うんですが、看護師って何でも知ってるって思われてるんですよね。

お医者さんに聞いてください!って状況が、私もよくあります(笑)。

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?

保育園は医療行為がほとんどないぶん、たいてい看護師1人の人数配置になっていますので、急病や大きな怪我が起きた場合は1人での判断に委ねられてしまいます。

もともとは健康な子供たちですので、めったに重病人が出ることはないと思いますが、万が一そのような事が起きた場合は、かなりのプレッシャーを感じてしまいそうですね。

しかし、保育士さんとの信頼関係が築かれ、やりがいのある仕事だと感じることができれば、子供たちはかわいいし充実した毎日が送れることも期待できますよね。

あとは、体力作りですね^^

まずは、保育園の看護スタッフがどんなかんじなのか、園の雰囲気を知るためにも見学に行き、園長や保育士さんの印象も確認してみてください。

なんだかんだ言っても、やはり人間関係が大事ですからね。

見学の際には、具体的な看護師の仕事内容も質問して聞いてくださいね。

元同僚は園児と遊ぶために、UVカット効果のある帽子とアームカバーを買っていましたよ^^

ちなみに私より10才くらい若いこともあって、園児と遊ぶのはしんどくないと言っていました。羨ましい・・・

今回の記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

↓↓応援よろしくお願いしますm(__)m

看護師ランキング

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-仕事内容, 体験談

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.