お助け 悩み

看護師の手荒れや手湿疹対策!目に見えて治る究極の方法とは?

こんにちは、お疲れ様です。

今回は、「看護師の手荒れや手湿疹対策!目に見えて治る究極の方法とは?」というテーマについてお話させていただきます。

 

看護師の職業病とも言われているものの中に、手荒れや手湿疹が当てはまるかと思います。

たかだか手荒れだと思われがちですが、看護師の手荒れは本当にひどい!

とくに病棟の場合ですと処置が多いため、「一処置・一手洗い」が徹底されており、その後は必ず消毒。

ハンドクリームをポケットに入れていても、まったく塗る暇がないし、塗れたとしてもすぐに洗い流すため役に立たない。

看護師以外の友達と遊ぶ時、友達の手はとってもきれいでネイルをしている子もいたり。

かたや自分の手は、ガッサガサでひび割れもしていて(泣)。

食事のあとお金を出すときなどに手を見られるのが本当に恥ずかしかったです。

そんな私でしたが、あることをきっかけに手荒れや手湿疹が治り、今ではだいぶツルツルになりました。

そこで今回は、看護師を悩ませる手荒れや手湿疹について、自分の体験談と現在の手の画像も含めながらお話したいと思います。

 

【私の手荒れ体験談!どんどん酷くなり、ついに手湿疹発症!】

そもそも手荒れは、過度な水仕事などによって手のバリア機能が薄れ、どんどんひどくなっていくのですが、家事にしろ仕事にしろ、手荒れが酷くなってきたからと言って、やめれないのが難点ですよね。

だから魔のループにはまって、どんどん悪化してしまう。

私の場合は、ほぼ100%仕事が原因でした。

はじめはハンドクリームでしのいでいましたが、あまり効果がないまま悪化の一途をたどり、気が付けば指先はガサガサで皮がめくれ、関節はところどころ割れている。

また、手の甲~手首にかけては赤い湿疹のようなものができてしまい、お湯や洗剤がしみるようになってしまいました(>_<)

あとから知ったんですが、その湿疹は「手湿疹」と呼ばれるものだったみたいです。

当時の私は、完全に手荒れだと思っていたんですが、湯船につかったときの熱感や痛みは、ただの手荒れにはないですよね。

手荒れや手湿疹で仕事を休むわけにもいかず、仮に休めたとしても家事がありますから、手を使わないで生活するなんて不可能ですし、どうしたら良いのか途方に暮れていました。

 

【とりあえず良さそうな手荒れ手湿疹対策を試してみた】

仕事中は手のケアがまったくできないので諦め、その代わり家に居る時はなるべく手をいたわる&水や洗剤をなるべく触らないようにしました。

以下が、当時私が家で行っていたことです。

・水仕事をするときはゴム手袋を着用する。

・湯船にはなるべく手をつけない又は湯船の温度をぬるめにする。

・シャンプーやボディーソープを使う時は、ビニール手袋をはめる。

・ドライヤーで髪を乾かすときは、熱い風で手を刺激しないように注意する。

・ハンドクリームをリビング・洗面所・寝室・キッチンに置き、目につくたびに塗る。

・夜寝るときは、たっぷりハンドクリーム又は手湿疹専用の薬を塗ったあと、ナイト手袋を着用して寝る。

・意外と盲点だったのが、洗濯物の取り込み&たたむ作業。手の潤いが一気に奪われ乾燥するので、前後でしっかりとハンドクリームを塗る。

 

これくらいですかね。

ハンドクリームは、尿素配合のものだと手湿疹の部分がしみてしまったので、尿素が入っていない刺激が少ない物をえらんで塗っていました。

手荒れはオイルで保護するだけでなく、水分を入れることも大事なんですって。

なるほど、たしかに保護するだけでは治りそうにもないですよね。

 

【手荒れ・手湿疹が完治に至った究極の方法とは?】

上記のことを家でせっせと続け、指先のガサガサはだいぶ改善されました。

しかし手湿疹に関しては、仕事に行くと振り出しに戻るといったかんじで、一進一退を続けておりました。

そんな私が、なぜ手湿疹が治ったかというと、ずばり職場を変えたからです。

転職に至った主な理由は手湿疹のためではないんですが、結果的には手湿疹も治ることとなり、結果オーライでした^^

あまりにも手荒れや手湿疹がひどい場合には、思い切って職を変えるのも1つの手だと思いますよ。

その際、また同じような分野ですと意味がありませんので、手洗いや消毒をあまりしないような職場を選ぶといいですね。

・救急ダイヤルのオペレーター

・治験コーディネーター

・企業内看護師

・健診センター

・イベントナース

などでしょうか。

探せばほかにもたくさんあるかと思います。

私は現在デイサービスで働いておりますが、職を変えたお陰で手洗いや消毒の回数が激減し、みるみる良くなっていきましたよ。

 

【おわりに】

現在の私の手は、40代にしては、だいぶツルツルになってきました。

日ごろのケアももちろん大事ですし、酷くならない環境もとっても大事なんだと感じましたね。

あと、私にはどうも「ニベア」が合っているらしく、ハンドクリーム+ニベアに変えたところ、さらにキメが整ってきたように感じます。

手湿疹は、あまりにもひどいと受診が必要な場合もあるようですから、軽いうちに対処した方がいいと思いますよ。

手がきれいだと、若く見られますしね^^

自分に合ったケアを見つけて、手荒れや手湿疹に負けずお仕事頑張ってください!

 

↓↓応援していただけたらテンション上がりますm(__)m

看護師ランキング

 

⇒看護師は体調管理が重要!辛い頭痛を軽減させる目から鱗な方法3つとは?

⇒下肢静脈瘤は看護師の職業病?30代で何本もできた気持ち悪いお話

おすすめの看護師転職サイトランキング

【理解ある職場に出会うために】

好条件の求人は、公開すると応募が殺到してしまうため、ネット上やハローワークには一般公開されていません。

一般に公開されていない求人は「非公開求人」と呼ばれ、その多くは看護師転職サイトに掲載されています。

好条件の非公開求人を紹介してもらうためには、看護師転職サイトに登録するのが一番の近道です。

登録料は無料ですので、転職をお考えの看護師さんは是非ご活用ください。

下記に、看護師転職サイトの特徴をランキング形式でまとめましたので、ご自分に合ったサービスを選んでみてくださいね。

1位★マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇る「マイナビ看護師」は、紹介してくれる求人の半数以上が非公開求人なんです。

また、都市部に限らず日本全国の病院やクリニック、介護施設など豊富な案件が多数なので、思いもよらない理想的な職場に出会えるチャンスが広がります。

さらに、医療機関に実際に足を運び、現場の看護師から仕事状況を聞いたうえで紹介してくれるのも信頼がおけるところです。

 

2位★ジョブメドレー

ジョブメドレーは、自分で探すサーチ型なので自分のペースで探せますし、催促の電話やメールが苦手な方に打ってつけです。

しかし質問や困ったことがあればLINEで連絡が取れるので、心配は無用ですよ。

地方求人にも強く、転職が決まればお祝い金制度があるのも魅力的です。

 

 

3位★ナースではたらこ

ナースではたらこは、全国各地の医療機関情報を網羅しており、その数は日本最大級、またサイトには出ない「非公開求人」も、登録者限定で紹介されています。

「はたらこねっと」や「バイトル」などでおなじみの上場企業(東証一部)で、「総合求人情報ポータル」の老舗である
 ディップ株式会社が運営していますので、セキュリティーも万全で安心できるといえます。

 

-お助け, 悩み

Copyright© 幸せな看護師生活のすすめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.